無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

🌹
グク
グク
ちょっと!あなたから離れてください!
ジョシュア
ジョシュア
やだ〜
you
you
あの、2人とも...

落ち着いて?
今、私はイケメン2人から引っ張りだこ状態
ジヨン
ジヨン
あれ、あなた。

に、うわ ジョングク...
you
you
あ、ジヨン!

ちょっと助けて〜
あんなにジョングクにデレデレだったジヨン...。

こんな対応だなんて。
わたし、びっくり( ˙-˙ )
ジヨン
ジヨン
ちょっとジョングク?

あなたから離れなよ。
グク
グク
なんで、僕が悪いみたいに...(・ε・)
ジョシュア
ジョシュア
あ、うさぎくん。

これ、良かったら。
と言いジスさんがカバンから取り出したのはカプサイシンみたいなのに漬けた青唐辛子
ジョシュア
ジョシュア
作ってみた♡
ジスさん...

心から笑顔...
グク
グク
え、い、いらない...
ジョシュア
ジョシュア
え、じゃあこっちは?
次は、カプサイシンみたいなのに漬けた骨...。
グク
グク
なんで、そんなの持ってるんですか!?
ジョシュア
ジョシュア
食べさせてあげたくて。

はい、あーん。
グクに青唐辛子を あーん でわたすジスさん。


青唐辛子を口に入れた瞬間のグクが涙目になって私に抱きついてきた。
グク
グク
辛い...痛い...むり...
you
you
グク大丈夫!?
ジヨン
ジヨン
なんか、凄いブラックな人だね...
you
you
そうだね...
ジョシュア
ジョシュア
美味しいでしょ?
グク
グク
美味しくはないですぅ...

なら、ジョシュアさん食べてください!
ジョシュア
ジョシュア
僕、作る専門なんで...
グク
グク
ええ!?
-------❁ ❁ ❁-------


なんか、質問とかあったら...

その、🌾にぶち込んどいてください♡


なかったら恥ずかしいやつ( ˙-˙ )

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💫가은💫
💫가은💫
お 肉 食 べ た い ィ 🍖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る