無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

🌹
you
you
で、でも!まだ決まったわけじゃないし〜...
ジヨン
ジヨン
そうだよね。不安にさせてごめん...
you
you
ううん!ありがとう!


-------❁ ❁ ❁-------



昼間、あんなこと言われたからには気になる。
グクが何をしにあの、高層マンションに行っているのか。


なので、夜帰ってくる時間まで起きていることにした
グク
グク
ただいま〜。あなたー?
私は、静かにリビングでジヨンとカトクしながら様子を見る
you
you
.........。 
グク
グク
...あれ?起きてたなら返事してよ〜
you
you
あぁ...。ごめん。
グク
グク
ん?なんか、冷たくない??
you
you
そうかな?ちょっと眠いだけ...
グク
グク
寝る?寝室行く?
you
you
いや、ちょっとグクに聞きたいことがあって
グク
グク
なーに?
you
you
...何やってるの?
グク
グク
え?
you
you
高層マンションまで行って、何してるの?
グク
グク
...なんで、知ってんの?
you
you
聞いたの。ジヨンから。理由教えてくれなきゃやだ。
グク
グク
ごめん。いえない...
you
you
なんで?なんで、言えないの...?
you
you
あれから、幸せだと思ってたのに...
グク
グク
理由があって...
you
you
言い訳なんていいよ...
グク
グク
違う!浮気じゃない!
you
you
...ほんとに?
グク
グク
その、友達の家に行ってただけだよ。
you
you
ふーん。
グク
グク
まだ、疑ってるの?
you
you
うん。だってさ、そんなのちゃんとした理由じゃないじゃん。

首に赤い印があるのにさ
そう言うとグクは焦って首に手を置いた。
グク
グク
...ぁ
you
you
やっぱり。浮気なんだ。誰と?
グク
グク
...音楽科の人。だよ...
you
you
最低。
グク
グク
ごめん...あんなにひどいことしたのに。また、ひどいことしたよね...。
you
you
浮気やめられないでしょ?私のこと嫌いなんでしょ?最近冷たかったし... 
グク
グク
...正直言うとあなたへの気持ちがわからないんだ
you
you
...
グク
グク
好きなのに、他の人の元へ行っちゃうんだ。

あなた。僕...
you
you
じゃあね。グク。今度こそお別れだよ。

もう、あの時の弱い私じゃないから
そう言って念のために用意しといた荷物を持って私は、家を出ていった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💫가은💫
💫가은💫
お 肉 食 べ た い ィ 🍖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る