無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🌹
you
you
...ぁ
いつの間にか眠っていたらしい。

もう、外も暗くて学校内には誰も残っていなさそうだった。


“不在着信 42件”


テヒョンとユンギ先輩からだった。

今、私がこんな状況だからこそ心配してくれたんだろう。
you
you
帰らなきゃ。
ジヨン
ジヨン
帰る宛てもないのに〜?
ジヨン
ジヨン
ジョングクにも、大事にされなくて可哀想。

親もいないし、愛してくれる人なんてもう居ないのに。

期待しない方がいいんじゃない ‪w?
you
you
...ジヨン。

なんでいるの
ジヨン
ジヨン
会いに来てあげた。
you
you
学科も違うのに。わざわざ来なくていいよ
ジヨン
ジヨン
せっかく来てあげたのに。

やっぱりあなたちゃんはひど〜い
you
you
まじでそういうの面白くないからやめて。
ジヨン
ジヨン
まぁ、別にあんたに用があってあそこ来たわけじゃないし。
ジヨン
ジヨン
ジョングクが見たいていうからしょうがなく着いてっただけ。

なに、勘違いしてるわけ?
you
you
こちら側もあなたに来て欲しいと思ってないので
you
you
私帰るから。

もう、関わらないで
私は、荷物を持って大学を出た。
ジヨン
ジヨン
...うっざ。何あの態度。
後ろからジヨンの声が聞こえた。

私は、聞こえないふりをした。
-------❁ ❁ ❁-------
you
you
ただいま!
ユンギ先輩の家に到着して、渡された鍵を使って家に入る。
テヒョン
テヒョン
あなた〜!!!

心配したんだよ!?
大丈夫だった??
you
you
うん。大丈夫だったよ。
you
you
電話ありがと
テヒョン
テヒョン
いえいえ!今、ユンギヒョンとご飯作ってるから待ってて!
ユンギ
ユンギ
お、あなたおかえり。

無事でよかった。
プルルルプルルル
you
you
...ジョングク。
かかってきた電話には ジョングク と表示されていた。
you
you
ちょっと出てくる
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
you
you
もしもし
グク
グク
あなた。
you
you
なに。
グク
グク
いま、どこにいるの?
you
you
関係ないでしょ
グク
グク
お願い。顔を見せて欲しい。
you
you
やだ。会いたくない
グク
グク
もう一度やり直そう
you
you
しつこいよ。ジョングク。

もう、私たちは終わりにしたんだよ。
グク
グク
あなた...!
ツーツーツー
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
これ以上チョン・ジョングクに惚れたくない
どうすればいいんだろう。わたし。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💫가은💫
💫가은💫
お 肉 食 べ た い ィ 🍖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る