無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

🌹
グク
グク
...おはよ♡
私が目を覚ますとじーと私を見ているうさちゃんのお顔。
you
you
グク...?
あれ、私まだユンギ先輩の家にいるはずなんだけどなぜ?
テヒョン
テヒョン
どけぇぇぇぇぇぇ!

僕のあなたから離れろぉぉぉぉ!!!
グク
グク
違いますヒョン!!!

僕とあなたは、運命共同体になったんですよっ!!!
テヒョン
テヒョン
ちがぁぁぁう!
グク
グク
ちがいませぇぇぇん!
ユンギ
ユンギ
うるせぇぇぇぇぇぇ!!!!!!
テヒョン
テヒョン
スンッ( ˙꒳​˙  )
グク
グク
(  ˙-˙  )スン
you
you
え、え、なんでみんな叫んでるの?

喉痛めるよ?のど飴食べな?
私は、3人にはちみつののど飴を1つずつ渡す。
you
you
でも、なんでグクが??
グク
グク
あなたのこと迎えに♡
you
you
...(  ˙-˙  )

え、前はそんなことしてくれもなかったのに?
グク
グク
あなたに酷いことしたし、もうありのままの自分でいいかなぁ〜て思ったの♡
you
you
♡を飛ばしすぎです。
テヒョン
テヒョン
あなたは、僕のなのに...!

あなた、兎に騙されちゃダメだよ!?
兎は、欲が強いからね!ね!ね?
you
you
う、うん?
グク
グク
あなた頷いちゃダメなところだよ!?
ユンギ
ユンギ
だからうるさぁぁぁぁぁぁい!

もう、朝ごはん!さっさと食って学校行けぇぇぇ!!!!!!
you
you
はい!
グク
グク
じゃあ、僕さきご飯食べに行こっ
テヒョン
テヒョン
いや、僕が先だからね←
...そういえば、ちゃっかりグクもご飯食べるのね。



なんか、ほんと付き合いたての頃のグクみたい...‪w

いつの間にか、カッコつけてたのかな。
俺 とか ちょっと無理してた感あるし...。
you
you
まぁ、兎は嫌いじゃないけどね
私は学校に行くために、支度を済ましてご飯が並ぶテーブルに向かった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💫가은💫
💫가은💫
お 肉 食 べ た い ィ 🍖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る