無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

嫉妬
お風呂入り終わって、




寝る時





「なぁ、何寝ようとしてんねん、」
『え?』
『あ、いや、布団敷いてるだけ』
「ベッドでええやん、」
『ベッドはせまいで?』
「狭いところがええやねんて、(ニヤ)」←
『は?きも、』
「何言っとるん?」
『は、?』
「今日嫉妬させたんは誰でちゅかー?」
『いや、まじでふざけんな、』
「誰でちゅかっ?」
『嫉妬したんは駿佑の方やろ、』
「それは言わん約束や、」
『あぁー、ありえない!!』
「でも、嫉妬させたんは自分やろ、」
『そうやけど、も、なんですか、』
「開きなおるな!」
『布団で寝ますよ、』
「あなたも一緒に?」
『寝てあげよう、そこまで言うなら』
「上からやな、」
『いつもやで、』
「そうやな、」
『なんやねん、この会話』
「なんか楽しくない?」
『まぁ、』
「てか、はよしいてねよ、」
『はいはい、』














































敷きました








『おやすみ』
「おやすみ~チュッ」
『(/// ^///)左側を向く』
「なんでここ向いてくれへんの?」
『…』
「ギュッ」
『(/// ^///)(向けるわけないやん、)』
「あれ、もう寝たんかぁ、おやすみ」




















































┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


最近更新出来てなくて、すみません!

忙しかったので、、、



なのに、お気に入りや、❤︎の数が増えてて
びっくりしました!!




読んでくれてありがとうございます!!