無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

偽りの愛
零side



嬉しかったのかな?

でも、悲しかった、



だって、美桜ちゃんと仲良かったもん、

















ねぇ、恭平、

なんで別れたん?



うちは美桜ちゃんやったからよかったって
心から安心できたんよ、







なんでなん??







「おーい、」
『あ、しゅ、駿佑のとこ行ってくる』
「お、おう、」













『しゅんーすけー!!』
「なにー?」
『駿佑しかみないから、』
「え?」
『うち、美桜ちゃんとやり直してほしいねん』
「ん?」
『あれ、恭平から聞いてない?』
「いやいや、聞いた!メンバー全員に言ってた」
『あ、そーなんや、』
「うん、てか俺だけ見るってなに?」
『うち、しゅん以外見ないことにした、』
『だからこれからもよろしくお願いします!』
「え!まじ??」
『まじ!!』
「やったぁぁぁ!!!」












そんな大声で叫ぶ駿佑はとても可愛かった、







「ほな、メンバーに言わなあかんな〜」



























































┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



〜Happy End〜で終わりたかったんで、
勝手に終わらせました、
すみません、

この後の事を見たい人がいたら、書きます。
見たい人っていますか?
いたらコメントお願いします!!











いつもお気に入りと♡ありがとうございます!!
21になっててとっても嬉しかったです!