無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第93話

82話 間に合え
285
2022/04/17 08:43
小畑 花音
小畑 花音
(急がないと……ッッッ!!)

タッタッタッタッ……
時透無一郎
やっぱり……ここら辺にはほとんど悪魔が居ない。罠だったんだ
不死川実弥
ッチ!!小賢しい真似しやがってェ!!

相手の作戦は恐らく体育館の奇襲



だから、戦闘員を分散させるためにわざとあちらこちらに悪魔を設置した


……相当頭がキレる人が向こうには居るようですね
小畑 花音
小畑 花音
目的は……やはりバレー部の皆さんでしょうか
時透無一郎
十中八九そうじゃない?あんなに人が集まることもそんなにないし。人を食べる悪魔にとっては多くの食料を貪る大チャンスだからね
不死川実弥
おい、那月にはもう知らせたのかァ?
小畑 花音
小畑 花音
いえ、まだです!
時透無一郎
早く連絡しないと!!
そんなこと、安易にさせると思うか?

シュッ!!
小畑 花音
小畑 花音
!?
時透無一郎
!?
不死川実弥
!?

急に出てきた短剣を避けると、そこにはこれまでの悪魔よりも何倍も強そうな悪魔がいた
不死川実弥
誰だテメェ!?こっちは急いでんだよォ、さっさとそこをどきやがれェ!!
そっちが困っているなら、尚更ここをどく訳にはいかん
小畑 花音
小畑 花音
……貴方は、一体誰なのですか?
俺は……デビルナイツ             悪魔の騎士の1人
オノケリス
オノケリスだ
小畑 花音
小畑 花音
デビルナイツ……悪魔のトップ、サタンが作り出した10匹の戦闘用悪魔……
オノケリス
その中でも俺は最強の剣使いだ。俺がここに来たからにはお前らが勝てる確率はゼロに近いだろう
不死川実弥
喋らせておけば、何勝手なこと言いやがるンだァ……?自意識過剰も大概にしやがれェ💢

こんなところで止まってしまったら、体育館への援護が遅れちゃう……


どうすれば……

スっ…………
小畑 花音
小畑 花音
む、無一郎くん!?
不死川実弥
時透……テメェ……
時透無一郎
2人とも、先に行って。ここは僕が食い止める
オノケリス
お前みたいな小童に、俺が止められるとでも思ってるのか?
時透無一郎
うるさい、少し黙っててくれる?僕、君みたいな実力もないのに口が達者なやつ嫌いなんだよね

そう言って無一郎くんは静かに刀を抜く
時透無一郎
分からせてあげるよ。君は本当に弱いってことを
オノケリス
これは教え込む必要があるな。大人をバカにするとどうなるか……をな?
時透無一郎
ってことで2人は体育館に行きなよ。僕もすぐ、後を追うから
小畑 花音
小畑 花音
無一郎くん……
不死川実弥
……30分だァ
小畑 花音
小畑 花音
??
時透無一郎
??
不死川実弥
お前なら30分で終わらせれるだろォ。そんなやつとっとと片付けて来やがれェ
小畑 花音
小畑 花音
!!
時透無一郎
……最初からそのつもりだし
小畑 花音
小畑 花音
……じゃあ、先いくね。ご武運を
時透無一郎
早く行って、時間ないよ

タッタッタッ……
時透無一郎
皆を……頼んだよ……
不死川実弥
!?
小畑 花音
小畑 花音
任せて……

さぁ、早く皆の援護へと向かわないと!!