無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

おそ松×カラ松
これは…高校時代がきっかけだった
カラ松
カラ松
なぁおそ松
おそ松
おそ松
んー?
カラ松
カラ松
俺たちって昔…結構やばかったよな
おそ松
おそ松
あー…たしかに
カラ松
カラ松
覚えてるか?
おそ松
おそ松
んー…ちょっとだけね?
カラ松
カラ松
話してやる…
おそ松
おそ松
おぉ〜教えて教えて〜思い出すわ兄ちゃん
カラ松
カラ松
あれは…そう、高校時代の時
カラ松
カラ松
お…おそ松兄さん?
おそ松
おそ松
んー?
カラ松
カラ松
何してるの?
おそ松
おそ松
床ドン
カラ松
カラ松
なんで俺に?
おそ松
おそ松
したかったから?
カラ松
カラ松
理由になってないよ
おそ松
おそ松
ごめーん♪嫌?
カラ松
カラ松
嫌じゃ…ない
おそ松
おそ松
じゃあ続けていいよね?
カラ松
カラ松
え…
おそ松
おそ松
んっ
カラ松
カラ松
んぐ?!
カラ松
カラ松
ちょっ?!何して…
おそ松
おそ松
へー…けっこうやわらかいね…リップ塗ってる?
カラ松
カラ松
あ、うん…唇カサカサしてきたから…じゃなくて!
カラ松
カラ松
なんでこんなこと
おそ松
おそ松
んー?したかったから
カラ松
カラ松
こんなことあったよな
おそ松
おそ松
あー、
おそ松
おそ松
あったねー
カラ松
カラ松
あれはまじでどういう意図でやったんだ
おそ松
おそ松
さぁ