無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

鱗片を拾う
―ジョングクside―


久しぶりの登校。
あなたとはカトクでやり取りしてたけど。
やっぱり顔を見ないと落ち着かない自分がいる。
生徒
生徒
あの、ジョングク君!
男子生徒に声を掛けられた。
思わず身構えると、その人は本を差し出してきた。
生徒
生徒
これ、クロセ君の写真集です。
本人は要らないって言ってたから……
親友のジョングク君に渡そうと思って。
そう言って男子生徒は立ち去って行った。

……そういや、モデルの手伝いしたって言ってたな。
黒いマット生地の表紙。
金字で「reason」とタイトルが書かれている。
ジョングク
ジョングク
帰ったら見てみよ。
大切に鞄に仕舞い込む。
あなた、俺が写真集貰ってるとは思わないだろうな。
相当恥ずかしがる姿が目に浮かぶ。
(なまえ)
あなた
はよ!グゥ!
ジョングク
ジョングク
おはよ、元気だった?
(なまえ)
あなた
カトクしてたじゃん!(笑)
2人で席について朝礼までの時間潰し。
今日の科目についてとか、ヒョン達の話とか。
そう言えば……SNSで気になったことがある。
ジョングク
ジョングク
あなた、1年留年したってほんと?
ソース元は分からないけど、そんな情報が出回ってる。
ずっと一個下だと思って接していた俺。
あなたは驚いた顔をして頷いた。
(なまえ)
あなた
そうだけど、どこ情報?
ジョングク
ジョングク
SNS情報。
(なまえ)
あなた
韓国語の勉強に1年使ったんだよ、俺。
だから、実はグゥの一個上なんだなー。
得意気に笑うあなたには申し訳ないけど。
ジョングク
ジョングク
俺も1年遅れで入ったんだよね。
同い年じゃん、俺ら。
(なまえ)
あなた
なん、だと……?
椅子から落ちそうになるあなたを掴む。
危な、どんだけビックリしてんの?
2重で驚いたのかパグ犬みたいな顔になってるよ。
ジョングク
ジョングク
ブサイク(笑)
(なまえ)
あなた
知ってるわ!
あ、ダメだコイツ。
そう言えばネガティブ振り切ってるんだった。

溜息を吐いた所で朝礼が始まった。
イム先生
イム先生
おはよう!
おお、チョンも来たのか!
イム先生
イム先生
良かったなぁ、クロセ!
(なまえ)
あなた
うん!
いや本当に友達居ないんだな。
俺もだけど、ちょっと可哀想になってきた。
イム先生は出席を取った後、ニヤリと笑う。
イム先生
イム先生
今日は、テストをさせてもらう。
クラスからブーイングが飛ぶ。
やっぱり誰でもテストは嫌なんだな。

あなたは……窓の外を見てた。
ジョングク
ジョングク
何見てんの?
(なまえ)
あなた
トンビが飛んでる。
話聞いてないな、あなた。
イム先生は笑いながらあなたの頭を叩いた。

テストは別室でやるらしい。
俺はあなたを連れて教室を出た。


イム先生
イム先生
課題を言うぞ。
1つの楽器を選んで、好きな曲を歌え。
自分が選んだ楽器以外に伴奏はない。
リズム感、センス、歌唱力が問われるテスト。

楽器が弾ける人が有利かな、これは。
俺はあなたに聞いてみる。
ジョングク
ジョングク
楽器弾ける?
(なまえ)
あなた
弾けない。
DTM作曲派だからね、俺。
自信満々に言うあなた。
自分がピンチって事に気付いてるかな、コイツ。

俺は適当にギターを選んだ。
覚えている曲は何曲かあるから大丈夫だろう。
イム先生
イム先生
次、チョン!
ジョングク
ジョングク
行ってくる。
ひらひらと手を振るあなた。
自分よりあなたが心配になってきた。

歌う曲を聞かれ、自分のテストに集中する。
イム先生
イム先生
何を歌う?
ジョングク
ジョングク
I miss you です。
ドラマで有名になった曲だ。
難なく演奏して、歌い終わった。
イム先生
イム先生
よし、クロセ。
(なまえ)
あなた
はい。
あなたは立ち上がって楽器を取りに行く。
なんか奥の方でガサゴソやってるんだけど。

戻ってきたあなたを見て、俺は反応に困った。
カホン。
四角い箱みたいな打楽器で上に座って叩くやつ。
イム先生
イム先生
あー……曲は?
(なまえ)
あなた
country road です。
何食わぬ顔でカホンの上に座るあなた。
ちょっとシュールなんだけど。

クラスメイトであなたの事を失笑する奴もいた。
一般人なのに人気だからアンチもいるんだよね。

でも、笑っていられるのは一瞬だった。
(なまえ)
あなた
Ah.Ah.Ah〜♪
口笛を拭きながら、カホンを叩くあなた。
少し前屈みで凄い様になってる。
踵で取るリズムも音楽の1部になっていた。


Almost heaven, West Virginia.
(まるで天国のような ウェストバージニア)
Blue Ridge Mountains, Shenandoe River.
(ブルーリッジ山脈とシェナンドー川)
Life is old there,
(古くからの暮らしがそこにある)
older than the trees.
(木々よりも古くから)
Younger than the mountain
(山々よりも新しく)
Growing like a breeze.
(そよ風のように育まれている)
Country roads, take me home.
(故郷への道、僕を連れて帰ってくれよ)
To the place I belong.
(僕が居るべきあの場所に)
West Virginia, Mountain Mamma.
(ウェストバージニア、母なる山よ)
Take me home, country road.
(故郷への導いてくれ カントリーロード)
イム先生
イム先生
想像を超えてきたな。
良かったぞ、クロセ!
ジョングク
ジョングク
びっくりした。
伴奏に頼らない、昔からの音楽の姿。
さすが黒人発祥の音楽を愛するだけあって、
あなたのパフォーマンスは素晴らしかった。

失笑してた奴らも固まっている。
あなたはピースサインを俺に向けた。
(なまえ)
あなた
どうよ?
ジョングク
ジョングク
最高!
自慢の親友だと思う。

後から先生に頼み込んで、
今日の動画を貰ったのは内緒の話だ。