無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

仕組まれた罠
パンPD
パンPD
黒瀬・あなた……。
今回、コンテストのモデルとなった少年だ。

彼のことは少しだけ知っていた。
ジョングクと交友関係にあるという報告があり、
事務所で1度、素行調査をしたことがあるからだ。

ナムジュンからも猛プッシュがあった。
歌、ダンス、ビジュアル共に優れていると。
目の前に置いた彼についての数枚の写真と調書。
不審な点は無いし、悪い事もしていない。
ただ、今までの子達とは確実に違う部分がある。
パンPD
パンPD
特に功績が無いな……。
華々しい経歴も、オーディションを受けた形跡も。
彼には見付からなかった。

ジョングクと一緒に笑い合う写真を見る。
1度はスカウトされても可笑しくないビジュアル。
何故、何も出てこないのか。

悪いとは思いながらも、本人よりも先にご両親に
会って話を聞いてみることにした。



パンPD
パンPD
急にお呼び立てしてすみません。
実は、息子さんの事で聞きたいことが……
呼び出しに応じてくれたのは母親。
父親は仕事の関係で都合が付かなかった。

女優といっても過言ではないこの女性。
穏やかな表情でソファーに腰掛けている。
母親
母親
あの子、悪いことでも?
悪いことでも?と聞いている割に笑っている。
少し訝しげに思いながらも首を横に振る。
母親
母親
あの子、周りに対して無関心で。
音楽しか見えてない様な子だったから……。
あの子の事で呼び出されるなんて新鮮だわ。
彼の母親はそう言って嬉しそうな顔をする。

周りに対して無関心。
ただ音楽が好きであの学校に通っているのか。
人気者になりたい訳でも、有名になりたい訳でもなく。
パンPD
パンPD
日本で、彼に友人は?
母親
母親
居なかったわ。
だから夫もあの子を韓国に連れて来たの。
彼は独特な雰囲気を持っている。
一般人とは何処か違ったオーラのようなもの。
ジョングクだからこそ、彼に手を伸ばせた。

彼の母親は携帯を操作してこちらに向けた。
パンPD
パンPD
これは、あなた君ですか?
母親
母親
驚いたでしょう?
日本ではいつもこんな顔をしていたの。
写真に写っているのは、無表情なあなた君だった。
惰性で生きているような顔付き。
ジョングクと写っている写真とは全く違う。
母親
母親
私も夫もビックリしたの!
あの子が最近送ってくる写真……。
あんなに綺麗な笑顔、初めてだわ。
彼女の指が画面をスクロールする。
現れた写真はあなた君が送ったものだろう。

BTSのマンネラインと写った写真。
同じくヒョンラインと写った写真。
優しそうなお婆さんと写った写真。

思わず引き寄せられるような笑顔で写るあなた君。
俺は心の中で白旗を上げた。
パンPD
パンPD
お母様。
あなた君が芸能界に入るのは反対ですか?
母親
母親
いいえ。
あの子の好きなように生きて欲しいの。
パンPD
パンPD
韓国に残ると言っても?
母親
母親
あの子が幸せなら、それでいいわ。
残りの時間は彼の母親と和やかに過ごした。
今後についても、少し伝えておく。

彼女はよろしくお願いしますと頭を下げて、
安心したような表情で事務所を後にした。
パンPD
パンPD
さて、どうするか……。
そう言いながらも答えは決まっていた。
今のあなた君は、宝石だ。

ただ、彼の輝ける場所は限定されている。
もし無理やり違う場所に飾ってしまえば……?

さっき母親に見せてもらった日本での写真のように
瞬く間にガラクタになってしまうだろう。


俺は迷うこと無く、ある人物へ電話を掛けた。
パンPD
パンPD
ヨボセヨ、ナムジュンか?
すまないが頼みがある。

明日、ヒョンラインだけで
事務所に来てくれないか?
マンネラインは、まだ幼い部分が多い。

今回の俺の提案。
最終決定は、ヒョンラインに任せることにした。


さて、どう転がるか。