前の話
一覧へ
次の話

第1話

突然の雨
618
2020/06/17 17:15

あなた:雨降ってる中の撮影はやばかったすね

た:たしかに

ト:みんな順番にお風呂入りましょう

や:あがったよー

あなた:じゃあ次行ってきます

みんな:いってら

そしてあなたがもどってきた

だ:次おれ!

とだいちくんはいった

すると

た:なんかあなた顔赤くね?

あなた:そんなことないっすよぉ

た:いや、なんかおかしい

といってあなたの頬をさわる

た:あれ?あなた熱ある?

あなた:んな、あるわけ

た:測ってみ

ピピピ

あなた:あっ、

た:どれ?え!39.6分だ?

あなた:えへへ

た:今すぐねて!

は:どーした?

た:あなた熱あります

は:ええーー!

た:あなたねな、

あなた:はい、

と素直にあなたはねた、

すると寝てるあなたの頬をもう一度触り

た:ごめんねあなた、雨の中でカメラマンきつかったんだね、気づいてやれずにごめんよ

そういってたなっちはお風呂へ向かった


あなたがまだ起きていてその言葉を聞いていたとは知らずに











はじめまして!ぽっぽです!
私がインスタで投稿している妄想の中で1番伸びたやつです!

プリ小説にも少しずつ投稿していこうと思います!

たまにプリ小説限定のやつ出すかもです!
→何かリクエストあったら書いてください!

プリ小説オーディオドラマ