無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

重岡side

ピピーッ !




試合が終わった 。







得点板を見ると 、 2点差で俺らが勝った。




重岡 「 よっしゃああああ!!! 」








俺らのチームは肩を抱き合い喜んだ 。









コートを出ようとした時、話しかけられた 。









流星 「 優勝おめでとう 、 やけど、あなたちゃんは譲らんからな 」









そう言い残してそのまま立ち去った 。










「 流星 、 本気なんか 。アイツ 」














... ライバルや 。