無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

クレープ屋さん

最初に着いた場所はクレープ屋さん。














ではなく、ショッピングモール 。











「 え 、 ここ ? 」












重岡 「 ここの中にあるクレープ屋さんばり美味いから!! 」











「 へ 〜 、 そうなんだ 」











それならちょっと食べてみたいかも 。










重岡 「 よし ! れっつごー ! 」










手を引かれ、そのままモールの中に入る。















「 めっちゃ美味しそう ... 」








クレープの種類がいっぱいあって、どれも美味しそう 。





悩むなぁ 、、










重岡 「 なんでもええんやで ? 」







「 じゃあ ... これ っ 」






私はイチゴとチョコレートソースが入ったクレープを選んだ 。