無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

試合開始



ピーッ と笛の合図とともに始まるバスケの試合 。



ドッヂボールの試合はまだだから体育館の端っこでバスケの試合を観戦中。






あ、重岡くんいる 〜 ... すごいなぁ





ドリブルしてる重岡くん 。







そこに里奈と藤井くんが来た。






里奈 「 やっほ!あなた 」







「 あ 、 里奈に藤井くん 」








流星 「 試合見てたん? 」








「 うん 。重岡くんいるから 」









里奈 「 ほんとだ 〜 」








流星 「 しげもバスケなんや〜 、俺もバスケやねん 」








「 へ 〜 ! 頑張ってね 」









流星 「 おん 頑張るわ 」








里奈 「 しげ凄いじゃん ! 今シュートいれた 〜 !運動神経いいね 」








流星 「 昔からしげ運動神経はええからな 」








男子『 流星 ! 次試合やで 〜 』







流星 「 あ、まじ? 行くわ ! 」







流星 「 んじゃ、おふたりさん 行ってくるわ 」






里奈 「 頑張ってこーい !! 」







「 頑張ってね ! 」







流星 「 おう ! 」






同じメンバーの人と一緒にコートに向かう藤井くん。








少し耳が赤かったのは気のせいかな ?