無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

64☃💗☃🖤
佐久間大介
佐久間大介
ほら…蓮のモノが欲しいって
ヒクヒクしてるの…///
目黒蓮
目黒蓮
へぇ…それで?おねだりは?
佐久間大介
佐久間大介
俺のえっちな穴に蓮のお〇ん〇ん
激しくズポズポして下さい…///
目黒蓮
目黒蓮
ん…良く出来ました
それから俺は足を上向きにあぐらをかくように
組まされてそのまま四つん這いにさせられた。
足が解けず元の体制にならないと戻せない
俺のモノと両乳首にローターを付けられ
すぐに強にされる、そのまま
ズプッ
佐久間大介
佐久間大介
んあぁッ!!!///
目黒蓮
目黒蓮
そこの瓶の中飲んでよ
言われるがままに瓶の中身を飲む
媚薬だってのは分かってるし飲むのも嫌だ
だけど俺らの中でのルールには逆らえない
俺が我儘を言ったらその2倍蓮の命令を聞く
媚薬は即効性のあるもので頭が真っ白になる
佐久間大介
佐久間大介
アァッ///ぁッ///アンッアンッ//
2倍の命令、そんなの分かってる
けど俺のカラダが欲してるから
佐久間大介
佐久間大介
もっとぉ……奥ッ…いっぱいッ…///
どうしても言ってしまうんだ