無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

43☃💙☃❤️
ガラッ
渡辺翔太
渡辺翔太
涼太先生!
宮舘涼太
宮舘涼太
翔、早かったね
渡辺翔太
渡辺翔太
廊下は走って無いよ!
先生がね!早く終わらせてくれたの!
宮舘涼太
宮舘涼太
阿部のとこか
渡辺翔太
渡辺翔太
そう!亮華先生!
宮舘涼太
宮舘涼太
良かったねニコッ
それじゃあ始めよっか
渡辺翔太
渡辺翔太
うん!手洗うね!
宮舘涼太
宮舘涼太
その前にエプロン着な?
渡辺翔太
渡辺翔太
あ!そーだね!
宮舘涼太
宮舘涼太
?!まだ持ってたの…?
渡辺翔太
渡辺翔太
当たり前じゃん!
俺と翔は家族ぐるみで仲が良く
翔からすると俺は幼馴染だ
翔が調理実習があると小学校で言ってきた時に
俺が作ったエプロンだった
渡辺翔太
渡辺翔太
すっごく大切だもん!
……すっげぇ可愛い
宮舘涼太
宮舘涼太
じゃあまずうどんに入れるもの
用意しよっか
渡辺翔太
渡辺翔太
んっとねー…子持ち昆布乗せたい!
宮舘涼太
宮舘涼太
ふふっ笑持ってきてるよニコッ
渡辺翔太
渡辺翔太
あと梅も乗せる!
渡辺翔太
渡辺翔太
わかめ入れたいしー……
肉も入れたい!甘い出汁がいいなぁ…
宮舘涼太
宮舘涼太
それじゃあ肉を焼くのと
出汁を取るのから始めようね
渡辺翔太
渡辺翔太
出汁…鰹節!
宮舘涼太
宮舘涼太
そうだねニコッ
それからこのすっげぇ可愛い翔と
一緒にうどんを作っていた