無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

No.1
ぐくとは気づいたら一緒にいた
幼稚園も
小学校も
中学校も
高校も
クラスもほとんど一緒だった
親同士も仲がいいし私達も仲がいい

と思う
ぐくは顔もいいし運動できるし頭は……
まぁモテる
それに比べて私は顔も頭も運動も中の下くらい
まぁでも実際のところ充実しているからいいか
グク
グク
コーラ買いに行こ
あなた

はいはい

ぐくはいま彼女もち
なんで彼女いるのに私のところに来るんだ
1本のコーラを買って2人で分ける
あなた

いい加減私のところに来るのやめたら?

グク
グク
なんでだよ
あなた

彼女いるじゃん

グク
グク
うーん…
まぁどうでもいいけど
あなた

私が迷惑なんだけど

あなた

彼女さんも可哀想じゃん

グク
グク
うーーーん
この会話何回目だろ
グク
グク
俺ら幼馴染だからそこはあいつも分かってくれてるよ
"幼馴染だから"
あなた

そっか

今胸がチクってしたのは気にしない
グク
グク
提出物やった?
あなた

あ、やばい

グク
グク
今日お前ん家泊まってもい?
あなた

いや、それは…だめでしょ

さすがにやばいじゃん
グク
グク
なんで?
あなた

だから、彼女さんも…

あなた

あー

あなた

もー!!

あなた

私あんたのそーゆとこ大っ嫌い

なんで分からないんだろ
グク
グク
グク
グク
だから俺は
あなた

もういいよ

あなた

あんたはどっちが大切なの?

あなた

彼女かわたしか

グク
グク
それは…
はっきりいってよ
グク
グク
あいつだけど
あなた

ほら

あー聞くんじゃなかった
あなた

なんで

やばい
あなた

なんでっ

視界がぼやけてる
あなた

私にかまうのっ…

あれ
わたし
グク
グク
……
ぐくのことすきなんだ
グク
グク
なんで泣いてんだよ…
その大きい腕で私の事抱き締めようとするから
あなたの腕を払い除けた
あなた

勘違いっ…するからやめてよ…!

グク
グク
…ごめん
あなた

ぐく

グク
グク
……
あなた

どうしようもなくあんたの事が好きなんだよっ……

こんなこと言ったらもう幼馴染に戻れないじゃん
グク
グク
…ごめん
それは何に対してのごめんなの
グク
グク
俺、お前のこと幼馴染としてしか見てない
その言葉で周りが一気に静かになった気がした
あなた

だよ…ね

あなた

ごめん!気にしないで!

グク
グク
……
ちゃんと笑えてるかな
あなた

今日は帰るね

なんであんたが泣きそうな顔してんの
後ろに振り向いて帰ろうとした瞬間
そーゆーとこだよ
グク
グク
あなた……
やめてってば
グク
グク
……ごめん
やめてよっ
あなた

また明日

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みりん
みりん
自分の価値観で喋りかけてくんな 🌈🌈🌈
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る