無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

No.2

憂鬱な朝を迎えた
あなた

んっ……

あなた

朝……か

あなた

(学校行かなきゃ)

パン……ある
あなた

いってきまーす

誰もいないけど
高校までは徒歩10分
あなた

なんか忘れてるような……

あっ、
昨日のことを思い出した
情緒不安定じゃん私……
あなた

朝グクにあったらどんな風に接すれば……

あなた

あっ

グク
グク
あっ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みりん
みりん
自分の価値観で喋りかけてくんな 🌈🌈🌈
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る