無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

発作


『ふぁ〜』


あなたは目が覚めた。目が覚めたからスタッフステーションに向かった


白石「あれ、あなたちゃんもう大丈夫?」

『恵ちゃん!大丈夫です!明日から学校に行けるかと思います。』

白石「それは良かったわ。でも無茶だけはしないでね」


『はーい!お兄ちゃんいますか?』

白石「藍沢先生ならそこにいるわよ笑」

『あ、、いた笑笑 ありがとう!』

白石「いーえ!」


『お兄ちゃん、心配かけてごめんね。』


藍沢「気にすんな。お前が無事で何よりだよ」

『うん!』



夜あなたが寝ようとした時喘息の発作がでてしまった。


私ははるかちゃんにメールを送った


あい
はるかちゃん、、
はるか
どーしたの?
あい
誰かに先生よんできて、
はるか
発作?すぐに呼ぶわ
あい
ありがとう、

冴島さんはいそいで藍沢先生を呼びに行ってくれた。


藍沢「あなた大丈夫か?無理すんなって言っただろ」


『ハァハァ お兄ちゃんごめんねハァハァ』


藍沢「なんで発作がでたんだ?」


『ね、つ、』


藍沢「熱?」


藍沢先生があなたのおでこを触ると、とても熱かった


藍沢「!?冴島体温計!」


冴島「はい!」



























作者通ります。

最近更新頻度遅くてすいません。こんな感じで遅いんですけど頑張って更新してくので是非見てください。おねがいします。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Riho🍍
Riho🍍
のんびり更新 コードブルーが好きです。 JUMP 知念ちゃん セクゾ けんそう きんぷり げんきちゃん SixTONES こうちゆうご 憧れの人 あんずさん、koyukiさん、中島あやさん✨
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る