無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第11話




冴島さんが体温計を持ってくると藍沢先生はわたしの脇に体温計を挟んでくれた



ピピピッ

体温計がなった


藍沢「3.85か。」


冴島「点滴用意します。」


藍沢「頼む。」


冴島「はい!」


藍沢「あなた大丈夫か?(背中擦りながら」


『ハァハァ お兄ちゃんハァハァ 私お兄ちゃんにハァハァ 心配かけてばっか。』


藍沢「心配かけるななんて誰が言った?」


『誰も言ってない。』


藍沢「だったら信じてるかけろ」


冴島「点滴用意出来ました」


藍沢先生が私に点滴をしてくれた。

私は点滴のおかげかすぐに眠くなってしまった































































次の人あなたは点滴のおかげでとても元気になっていた。
お兄ちゃんからのお許しがでたから学校にも行くことが出来た。



やっぱり私のお兄ちゃんは尊敬出来る。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

Riho🍍
Riho🍍
のんびり更新 コードブルーが好きです。 JUMP 知念ちゃん セクゾ けんそう きんぷり げんきちゃん SixTONES こうちゆうご 憧れの人 あんずさん、koyukiさん、中島あやさん✨
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る