無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

___m.h




















〈 お前さ、本気で人好きになったことあんの?〉


いつも別れ際に吐き捨てられるこのセリフ

本気で好き?何それ。考えるだけで吐き気がする

元カレも、此奴も。

顔がいいから付き合った。ただそれだけ。


〈 _____お前最低だな 〉


どっちがだよ。

アンタだって私の顔が好きだっただけなくせに

“ 本気で好き ” ってやつじゃ無かったくせに_______





































『 …ダサ 』


「 …は? 」


静かな教室。

夕日の光がカーテンを押しのけて此奴を照らす。


『 何も言い返せなかったんだ 』


「 …盗み聞きとか、趣味悪いんだね 」


『 うっわ~ そんな言い方ないでしょ。大体ここ俺の教室でもあるから 』


「 …っ、そっか。じゃ、」


『 ちょっと待って、 』





















“ 俺の彼女になんない? ”


























…は?

どういう流れで私がアンタの彼女になる訳?


『 顔が良ければ誰でもいいんでしょ? 』


「 アンタと付き合ってどんなメリットがあんの、 」


『 んー、女避け? 』


「 結局自分だけじゃん、最低 」


『 人の事言えんの? 』


ずいっ、と近づく顔。

後退りしてもすぐに背中に感じる壁。


“ ねえ、付き合ってよ ”


そう耳元で囁かれて重なる唇

とっくに陽の落ちた夜空に光る北斗七星さえ

私たちの姿を映さない_________