第6話

コーヒーとココア
707
2022/09/25 14:19






あなたside











『、うぁっ…さむい、』











まだ太陽は登っていないが、なんとなーくぼんやり明るい朝の4時にセカコイの撮影が始まった。



…が。
























監督 「え、寒すぎない???」








今は12月のど真ん中の、一番寒い時期。







の朝なんだからほんとにやばい。


















『この真冬に真夏の撮影するなんて、、』










今日は人通りの少ない朝からデートシーンの撮影をする予定だったから今着てる服はもちろんペラッペラ




衣装さんにコートを貸してもらって一旦テントに待機する







監督 「ちょっと流石に寒すぎるから日が出てからやろうか。」








という指示が出たので、ストーブの前に座ろうとすると








道枝 「ココア飲みます?」






と言っていただけた。神様かな???




『ほしいです!!!!!めちゃくちゃ!!!』






というと道枝さんはにっこりして







「じゃあケータリングとってきますね!!」






といってしまった。


ケータリングにココアあったなんて、、、知らなかった









あと行かせちゃって申し訳ない

















1分ぐらいして道枝さんが戻ってきた











手にはめーーっちゃ暖かそうなココアと、同じく暖かそうなコーヒー。






コーヒー飲めるんや、。









大人だなぁ










道枝 「ほんまですか、?笑」











というので









『え゛っ、声出てました,,,?』










道枝 「はい、笑笑」















『ええ、、笑恥ずかしいです笑』













とりあえずココアを頂いて、口をつけてみると






暖かい飲み物が身体に落ちていくのがわかった。











『わ、、あったかい、』








道枝 「今寒いですもんね、」







『私達半袖ですもんね笑』








道枝 「風邪ひかないでくださいね笑笑」










『気をつけます!!笑』













































第一印象は





コーヒーが飲める暖かい人






でした。(?)

プリ小説オーディオドラマ