無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第168話

外出自粛
861
2020/04/17 06:59









はぁ……暇ですね〜皆さん。



こんにちわわー。姫澤ですよおおおお。










中島「え!待って!え!嘘!!ねぇ見て!!マグロ!!!」


菊池「……うるさい黙れ」


佐藤「あなたー?TikTok撮らないのー?」←


松島「今日は……買い物行かなくても作れるかな…」


マリ「美容液、たりない、どうしよ、あなたちゃんもってる?!」









……はぁ、




あぁもう!!!!










姫澤「うるさいうるさいうるさいうるさい!!!風磨以外みんなうるさい!!
てかなんで健人くんだけそんな!!ずるい!!私も欲しい!!!風磨買って!!」←





「「「「「……。」」」」」←





姫澤「……な、なんか言えよ!!!」←










菊池「いや、笑 ごめんな、ストレス溜まるわな、笑」

中島「構ってあげる。ほら。」←

松島「……俺悪くないよね?ご飯考えてただけ。」←

マリ「ごめんね?あなたちゃん、美容液無くなっちゃって……」









佐藤「……俺だって暇だし!!あなた構えよ!!!」←



姫澤「……お、おう…」←










いつも君だけ抜けている。そう佐藤くん。君だけ、抜けている。←



まぁそんなとこも好き。←は?









なんて考えてたら、何か温もりが。




そしてお腹辺りにまわってくる腕。



…こやつ。中島健人だな。









中島「あなたー?好きっ。」



姫澤「はーなーせー!!!あつい!!ふまたん!!!」



菊池「ふまたん言うな!!俺はふまりんがいいんだ!!」←









佐藤「……俺らは何を見せられてんだよ。って俺のあなただし!」←


松島「…スパゲッティでいっか。今日」←









マリ「え!ちょ!健人くんマグロ釣れちゃった!!」



中島「は?!お前勝手に触んなし!!!」←









姫澤「……ふーま。わたしもほしい、」

菊池「ふふっ、笑 はいはい。笑」

姫澤「すいっち、ぴんくがいい、」




菊池「……ジョイコン外せないやつでいいの?」


姫澤「…、いや」


菊池「じゃあどれにする?ゲーム一緒についてくる奴もある。」










姫澤「……スプラトゥーンのやつがいい、」


菊池「あつ森とか言うやつじゃなくていいの?」


姫澤「…そのカセットも買ってくれるでしょ??」









菊池「……なかじまぁ、あなたがお願いがあるって。」



中島「んー?なぁに?なんでも聞くよ?」










姫澤「あつ森欲しいの、」



中島「……それだけでいいの?」



姫澤「……もっといいの?」



中島「うん。なんでもいいよ」









姫澤「じゃあね!!!えっとー、服とー!
あーあとGUCCIの帽子とかもいいよね!!
それとー、新しい時計にー!!あー指輪も欲しいな!!あと〜…」



中島「ちょ、あなた?」



姫澤「え?何?なんでもいいんでしょ?えっとね、ベッドも変えたい!」









菊池「……やったな。あいつ、」



中島「…俺の、俺の福沢諭吉よ……ごめんよ…」←









姫澤あなたの豆知識コーナー。


☻ 何かが欲しいときは、中島健人に甘い声でとりあえず一つだけ、
何が欲しいかを言いましょう。できるだけその時言うのは安いもの。
そして、「それだけでいいの?」と中島健人が必ず言うので、
その後「もっといいの?」と上目遣いで甘い声で言いましょう。
「なんでもいいよ。」と中島健人が言ったあと、欲しいものを全て言いましょう。
そしたら、必ず中島健人はひっかかり、買ってくれます。