無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第163話

POP×STEP!?
967
2020/03/14 10:22







中島「She is Love……」




姫澤「ケンティー!!!!」←



中島「She is Love……」



姫澤「ケンティー!!!!」←



中島「She is Love……」



姫澤「ケンティー!!!!」←



中島「I Love You…」










どーも佐藤です。







えっと、今日からstartですね!【POP×STEP!?】。







でも残念なことにstartの福井は延期。本当ごめんね。







延期でも。延期になってもね?!







POP×STEP!?のstartは福井なわけです!!







だから今お家LIVEしてるんです!!←










菊池「これが最後のまたね……」



姫澤「んっ、しょーりこれ美味いよ。」←



菊池「おいこの菊池風磨様が歌ってやってんだよ聞け!!!」←






佐藤「あなた、笑 わかった、わかったから。笑 後で食べるから聞いてあげて。笑」



姫澤「はーい……」←










マリ「ピーピーピー禁断の真っ赤な果実よ~!!!」



姫澤「2人 イェイイェイイェイ!!」



松島「甘く痺れちゃう瞬間よ~!!!」



佐藤「いけない恋と言われるほどにフーハマるもの。」←



中島「真っ逆さまにおーちてゆくよあin…菊池「愛のらくええぇぇぇぇぇぇん!!!」」←










姫澤「お腹減った。」



中島「ダメ。まだLIVE中。」←



菊池「まじ腹減った。あなたのこと、食べちゃおうか?!ね!」←



姫澤「ピーピーピー禁断の真っ赤な果実よ~!!」



佐藤「デジャブ起きるから辞めろ!!!」←










前のスケジュール通り動くSexy Zone達でした。←










中島「俺はいつも通りのことをしただけだよ?✨」



姫澤「……特にないです。」←



佐藤「俺は付き合わされました。」



菊池「えー?まぁ?みんなにSexyな?歌声を?届けれたんで。🖕(中島に向けて)」



マリ「意外と楽しかったよー!!でもファンの子がいないと足りない!」



松島「もう本当!!えっ?!?!」←何事