無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第162話

サプライズ
951
2020/03/13 12:56





姫澤side










健人くんを連れてきたのは







高級レストラン…なんかじゃなくて







ホテル。








「あ、姫澤さんですね!!313号室もうみなさんいらっしゃってます!」



中島「うえ?!313?!」



姫澤「あざっす!!よし行くぞ私のケンティー!!」←



中島「え、あ、はい!!」←










早足で(走って)313号室まで向かう。







今日、みんながやってる【本人不在の生誕祭】。







それを参考に私が持ってる健人くんの公式写真(一番最初のから今まで)のを







全部もってきて他のうちわ、フォトセ、ポスター。







その他諸々も持ってきて







【本人在室生誕祭】をやる。










姫澤「心の準備 Sexy オーケー?」



中島「ok。」



姫澤「んじゃ一旦目隠し外すね。」



中島「明るい……!!」










そして健人くんは恐る恐るドアノブに手をかけ







開ける。







その途端。







パーンッ!!!🎉










「「「「「「お誕生日おめでとぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」」」」」」










中島「うっ…泣 ありがとう……泣」










菊池「朝イチにお祝いできなくてごめんな」



佐藤「サプライズだよー!!」



松島「中入って!ちょー!!頑張ったの!!」


マリ「もう本当感動しちゃうよケンティー!」










机の上に並べられた公式写真。ケーキ。







ベッドの上に飾られたうちわ達。







壁に貼られてるポスター、フォトセ。










中島「っ……誰がこんなん持ってんのさぁっ号泣」



姫澤「私でーす。笑」



中島「これ…笑 めっちゃ昔……」










そして家で作ってもってきたご飯も食べてケーキも食べて










中島「んっ…俺今の格好見てない。」



姫澤「んあっ!!ちょっと!ちょっと待って!本当!!」










やばいっ…健人くんの着替えだけやって







私着替えるの忘れたっ……







取り敢えずダッシュで家に帰って借りた青いドレス着て








そしてまたまた人の目なんて気にせずダッシュでホテルまで行く。










姫澤「お待たせ王子っ!!!」←



中島「?!、……待ってたよ姫!!」←










菊池「いいねいいね~!!動画撮ってるよ~!!」←誰?by佐藤










姫澤「26歳になった健人くんに。お手紙を書いてきました。」










これは誰も予想してなかったのかみんな驚いていた。










" まず、健人くんお誕生日おめでとう☺︎ 健人くんには色々お世話になりましたね。笑

アラサー健人くんでも年々老けるよりとってもとってもカッコよくなってます。

初めてのソロコン、私とマリと聡ちゃんはSummer Paradise in TDC。

やりませんでした。でも私はちゃんと見に行ったよ?笑

気づいてなかったけど。笑

Forever L。本当とっても感動しました。

愛してるよ離さない。かわれるよ君となら。

君と出会ってから色とりどりの人生になった。涙も虹にしよう。

何気ない日も君がいるだけでなんか幸せだよ。

みんなに向かってってわかってるけど私は私に向けてだって

思い込んじゃった。笑 でもいいんでしょ?!私のケンティー♡笑

あとね、一番思ったのはグッズ落としたファンわざとだろ!((

あれは嫌だもん。笑(見たい子はSummer Paradise in TDCを見てね。
          アンコールのキャンディーだよ)

初めて私のことをお姫様って言ってくれたのは健人くんです。

だから私の王子様はいつまでも健人くんです。

しょーりもカッコイイけど健人くんなの。

健人くん、いつまでも私の王子様でいてね。おじいちゃんになっても

私は大好きだもん。私の王子様だもん。

私は健人くんのお姫様だもん。明日、デートに行きませんか?

あの日ぶりのデートだよ。エスコート。してくれるんだよね?笑

お誕生日おめでとう。愛してるよ。

健人くんのお姫様。あなたより。"










ここに書いたのはほんの一部に過ぎないくらい







私の手紙は長くて気持ちがちゃんと入ったものになった。







健人くんも、泣きながら聞いてくれて。







健人くんが泣くから私ももらい泣きしちゃったじゃん。笑







そんでみんなで泣いて。






みんなで笑って。







本当誕生日おめでとう健人くん。








菊池「ねぇなんか俺の時より凄くね?」




姫澤「……私の大好きな人なんだもんっ♡王子様だもんっ。」




菊池「……しねぇぇぇぇっ!!!」←〇とかで隠さないタイプの作者ですけどよろしく。()







___________________




手紙の内容は私が現実で健人くんに向けて書いたやつです。←



こんなイタイ女ですけどよろしくお願いします。笑



あ、♡とかはつけてない!!笑 さすがにそれはない!!笑



あとほんの一部なのは本当!!笑