無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第167話

20
872
2020/04/16 02:42









Happybirthdaytoyou ♪





Happybirthdaytoyou ♪











そんなお誕生日恒例の音楽と共に、今日の主役。マリウスの前にケーキが差し出される。




そして、曲の最後にはあなたのでっかい声でおめでとー!!!としめる。










…なんてちょっとオシャレに説明してみたけど今めちゃくちゃ散乱してるから。





見てみ?いや見れんか、←










もうあの、ねぇ?()


あのしょーりが、デレッデレなんすよ。










それにマリウスに!!!!←










どんだけ〜♡(人差し指クネクネさせてる)←










あ、申し遅れました。わたくし、菊池風磨と、申しますぅ〜↑。←





姫澤「マリウスへ。いつも可愛くて天使でエンジェルで、キュートで
とてもとても大好きでLoveです。あなたより。」


マリ「……ありがとう!!!」










突然始まったあなたのお手紙読みましょう。←



…内容さ、中島が凄かったからマリウス期待してたのよ。←



でも、ねぇ。同じこと言ってるから、←










どんだけ〜♡(人差し指クネクネさせてる)←2回目










流石のマリウスもひきつってる。










どんだk((もういいうるさい黙れくそ





……さて。20になったマリウスさんへ。










我々からプレゼントをね。あげようと思いマッスルマッスルー!!!←










菊池「マリウス。ほい。俺らから。」



中島「……ほぼ俺の金だけどな。」←



佐藤「マリウス!これぜーんぶ俺が出したの!」←



中島「はっ?!おまっ!!えっ?!俺様の福沢諭吉どんだけなくなったと思ってんだよ!!」←



松島「マリウス〜これは俺から〜」







姫澤「早く開けて!!すんごいの買ったんだから!!」



中島「だから俺が出したんだってば!!!」←










あなたに急かされながらも、ニコニコして嬉しそうに開けるマリウス。



さぁ、喜んでくれるかな??










マリ「……僕これ持ってる。」



「「「「「えっ、、、、」」」」」











菊池「お、おいおい?嘘だよな?な?」


マリ「ホントだよ?とってくる?部屋にあるよ!」←


中島「な、なぁ?マリウス?……嘘だと言ってくれええ!!俺の!俺の!!福沢諭吉いい!」←






佐藤「……健人くんどんまい!」←さっきまで俺が全部出したとか言ってたヤツ



姫澤「やったな。これ、やったわ〜。」←










松島「健人くん、少ないけど福沢諭吉一人くらいは返せるよ……?」



中島「まっ、まつ、まつつ、まつし、まつしっ、まつひっ、まつそおおお!!!」←



松島「あぁもうはいはい、笑 鼻水つく〜。笑」










さぁてと。今日も平和に穏便に。←
























なんてやってられっか!!みんな!ねぇ?!





この作者、ねぇ?!




あのあれよ!!めちゃくちゃ放置したの!!わかる?!




そんで書く気ないーとかほざいて書かずに放置って。










こりゃ何処ぞの女の子を放置するゲームじゃねぇんだよ!!!()





さてと。これから作者の謝罪が続くみたいなんで見たくない人は見なくてよし!



てか見んな!!アンチかけアンチ!!←



いけいけー!!!!!←










_________________________





お久しぶりです。作者のM氏、と申します。



この度はマリウスくんのお誕生日のお話。



【20】を放置してしまったことをすんごく反省してマッスル。←反省してねぇだろ



……だってさ!!なんか!!コロナのせいで!!鬱!!!←そういうこと簡単に言うな



LIVE無くなったしさ!!嫌だー!!!!



……これからのネタは考えてるから。書くよ。書くもん、書きマッスルするから!!←







まぁふざけるのはここまでにして。


本当にごめんなさい。アンチ等なんでも書いていただいて構いません。


私の自分勝手な意見によって楽しみにしてくださっている方がいるというのに


その方々の気持ちを踏みにじるかのような行動をとってしまいました。


本当に申し訳ございません。


そして、自分勝手な行動をまた一つすることを許してください。


わたくしM氏、は5月2日にアカウントを変えさせていただきます。


理由はスマホを変えるから、というそれ理由って感じの理由ですけど


許してください。名前はそのままM氏、で続けさせて頂きます。


そして、今投稿しているこの小説以外の投稿ですが、あまり進んでいないものは


一から、進んでいるものは、第2章として書かさせていただきます。


面倒なことをしますが、5月2日。昼頃から夕方頃に垢を作らさせて頂きます。



どうぞ引き続き応援のほどよろしくお願いします。