無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

38
ジャニーさんからの手紙にはこう書かれていた。


あなたへ

今頃泣いてるんじゃないのかい?
泣くのはよしな。youには笑顔が一番似合ってる。

youのパフォーマンスには人を笑顔に又幸せにする魅力がある。

そして国民的アイドルになる才能がある。

この先、辛いこと、大変なことが沢山あると思う。でも辞めないで欲しい。ジャニーズで居続けてくれ。僕が隣に居なくても。

病気になり、長くないと聞かされた時、youのことが気がかりだった。

僕にとってあなたは家族であり大切な娘のような存在だったから。

僕はずっと見守っているよ。

youは1人じゃない。SnowManが居る。

彼らは長い間見てきたが信頼できる。メンバーに頼ることも大切だよ。1人で抱え込まないで。

youの過去のことや男装のことは誰にも言っていない。新社長に話すかどうかはyou自身で決めなさい。

これからも活躍を期待しているよ。

大事な娘、あなたいつまでも笑顔で元気で居てくれ。

ジャニー

私は手紙を読み終えて号泣した。

もうこの世には居ないという実感が湧いてきてもう会えないんだって思うとすごく悲しかった。

ジャニーさんに救ってもらって私の世界は楽しくなった。もっとたくさん恩返しやお礼が言いたかった。色んな話をしたかった。



泣いていてはいけないと思ったがそう思えば思うほど涙は止まらない。

私は決めた。どんな事があってもジャニーズで居続けると、SnowManとして活躍し国民的アイドルグループになると。