無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

37
※内容が現実と様々な点で異なるのでご了承ください🙇‍♀️

あなたside

LIVEも無事に終わり、今日は久しぶりの一日休みだ!!

だから今日は久しぶりにジャニーさんに会いに行くんだ!!なかなか会えてなかったから楽しみだな!
SnowMan-○○
おはよー
あなた

おはよっ!

深澤辰哉
どうしたの?いい事あったー?
宮舘涼太
すごく楽しそうだね
阿部亮平
いつもの倍元気だね!笑
あなた

うんっ!今日は久しぶりにジャニーさんに会いに行くんだ!

渡辺翔太
良かったじゃん!
ラウール
なかなか会えてなかったもんね〜
岩本照
ゆっくりしておいで〜
佐久間大介
俺らのこともよろしく言っといて〜
あなた

うん!

向井康二
俺も久しぶりに会いたいな〜
目黒蓮
俺もー
あなた

いいでしょ〜!

なんて笑いながら話して準備してると突然チャイムが鳴った。


ピンポーン
SnowMan
はーい
ガチャ
マネージャー
マネージャー
みんな!
あなた

あ、雪菜〜!どうしたの?そんなに慌てて

マネージャー
マネージャー
ジャニーさんが亡くなったらしい!!
SnowMan-○○
え...
あなた

雪菜、冗談きついって笑

マネージャー
マネージャー
本当なの、病院から電話があったの
あなた

え、嘘だ...だって元気だったじゃん!
しかも病院ってどういうこと?!

マネージャー
マネージャー
ジャニーさん、闘病してたらしい
心配させないように知らせてるのは極1部の人だけだったらしいよ...
あなた

え、そんな...(泣)
嘘だ...なんで私には言ってくれなかったの?!
家族だって父親だと思ってって言ってくれてたのに!どうして!

深澤辰哉
あなた、気持ちは分かるが一旦落ち着け
マネージャー
マネージャー
今からみんなでジャニーさんに会いに行こう
〜病院到着〜

ガラガラッ
SnowMan
ジャニーさん!!
そこには顔に白い布を被せられたジャニーさんと泣いているジャニーさんの家族が居た。

それでも私は信じられなくてジャニーさん駆け寄り手を握った。

でもその手は家出して行き場のない私を救ってくれた日の温かさはなく、すごく冷たかった。
あなた

ジャニーさん!起きて!なんで寝てるの?
ねぇ!起きてよっ!(泣)

あなた

私の前から居なくならないでっ!
家族だと思って父親だと思ってくれって言ってくれたじゃん!!どうして黙って居なくなるの?
もう会えないなんて嫌だよっ!

手を握って分かった、もう会えないんだって

でも理解したくなかった。

私を救ってくれた大切な人だから。



メンバーもみんな泣いていた。

みんな、ジャニーさんが大好きだから。
深澤辰哉
俺たち絶対国民的アイドルグループになってみせますっ!(泣)
向井康二
ジャニーさんっ!スカウトしてくれてありがとう!
ラウール
僕っ!SnowManで頑張るからっ!見ててね!
宮舘涼太
今までありがとうございました
渡辺翔太
これからも俺たちのこと見守っていて下さいっ!
阿部亮平
本当に今までお世話になりました...!
佐久間大介
SnowManを作ってくれてありがとうございます俺、SnowManで良かったっ!
目黒蓮
絶対テッペン取ってみせます
岩本照
俺がメンバーもSnowManも守ってみせますっ
SnowMan
今まで本当にありがとうございました
ゆっくり休んで下さいさよならっ!(泣)
それぞれ泣きながら思いや今までの感謝の気持ちを伝え、帰ろうとした時
ジャニーさんの家族『優さんっ!待って!これ、あなたへの手紙、読んで』
あなた

え...

家族『最期まであなたのことを気にかけてた...これからも頑張って!』
あなた

ありがとうございます!

マネージャー
マネージャー
じゃあ、みんな、帰ろうか...
もう一度みんなでジャニーさんお礼を言ってお別れしてきた。

家に帰り部屋でジャニーさんからの手紙を読むことにした。

そこにはこう書かれていた。