無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

第11話
○○side

私はSnowManが、9人が大好きだ。

だからこそ男装という嘘をついているのが苦しい。

いつかこの嘘がバレたらみんな怒って私の周りから居なくなってしまうのではないかと怖い。

SnowManは私の居場所であり安心出来る場所だ。

だからこそ失いたくない。

嘘をついているのは苦しいが本当のことを言ってみんなが離れていくと思うともうどうしていいか分からないんだ。
佐久間大介
優〜!
佐久間大介
優?
おーい!優!
○○
あっ!ごめん、どうした?
佐久間side

優は最近、ボーッとしている事が増えた。

真剣な顔で苦しそうな顔で何か考え事をしている。

ほら今も呼んでもなかなか気付かない。

何を考えているの?そんな苦しそうな顔で。

もっと俺らを頼ってよ。仲間なんだから。

俺は決めたんだ。俺の明るさで君の悩みを吹き飛ばすんだって。

太陽のように明るく君を照らし続けるんだって。
佐久間大介
なんでもない!笑
佐久間大介
疲れた?
○○
うん?なんで?笑
佐久間大介
いや、少し元気なさそうだったから疲れてるのかな?って
○○
そんな事ないよ!笑
○○
さっくんはいっつも元気だよね!
佐久間大介
おう!毎日楽しいからな!
○○
そっか!
さっくんと居ると元気出る
佐久間大介
良かった!
じゃあずっと一緒に居よ!
○○
...うん笑
俺はずっと優の隣にいるよ

だからそんな苦しそうな顔しないで。

ずっと笑顔でいて。



○○side

SnowManはみんな歌が上手だ。

私ももっと練習して上手くならなきゃ。

ただでさえ私が加入した事で批判もあるからせめてパフォーマンスでは足を引っ張ってはいけない。

もっと努力しなければ。
○○
しょっぴー!練習終わり疲れてる所ごめん!
少しだけ教えてくれない?
渡辺翔太
おう!いいよ!
○○
ありがとう!
この曲のここの低音が上手く出ないんだ。
渡辺翔太
そこ少し難しいもんな。
喉を〜〜やって使えば上手く出るよ!
○○
なるほど!
○○
〜〜♪♪
渡辺翔太
そうそう!
上手くできてる!
○○
分かった!ありがとう!
渡辺翔太
どういたしまして!
じゃあ帰るか!
○○
ごめん、もう少しやってから帰るから先帰ってて。
渡辺翔太
そっか、無理するなよ
○○
うん!またね!



渡辺side

俺には後悔していることがある。

それは優が加入したての頃に優に対してジャニーズを甘く見るなと酷いことを言ってしまったことだ。

既に優に謝って許してくれたが1度言った言葉は取り消すことは出来ない。

優は努力家だ。歌もダンスもアクロバットも上手いのにSnowManで1番練習している。

優のことを知らなかったとはいえなぜ俺はあんな酷いことを言ってしまったんだ。自分で自分が許せない。

加入時に反対してしまった分、これからは優の1番の味方でいる、守るって決めたんだ。

あいつはSnowManにとって必要な存在だから。