無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

33
〜シェアハウス到着〜
あなた

雪菜、本当にありがとう!

マネージャー
マネージャー
いえいえ!ゆっくり休んでね?
それからいつでも頼ること!分かった?
あなた

うん!分かった!ありがとう

マネージャー
マネージャー
バイバーイ
深澤辰哉
よしっ!中入るか〜
阿部亮平
あなた、取り敢えずお風呂入っておいで?
あなた

うん、ありがとう

あなたside

メンバーが助けに来てくれて本当に良かった。

もし来てくれてなかったら私は今頃どうなっていたのだろう。考えるだけで恐ろしい。

縛られてたところがまだ少し痛む。

1人になると途端に怖くなってしまう。

Sさんは優が好きだと言った。もし、私が男装していなければSさんは警察に捕まることはなかったのだろうか。

私はこのまま男装を続けていいのか。ファンや世間を騙し続けていいのか。もう正解が分からない。
ラウール
あなたちゃん大丈夫かな?
渡辺翔太
心配だよな...
岩本照
俺らで守る
深澤辰哉
これから先もずっと
あなた

風呂上がったよ〜

宮舘涼太
ご飯できてるけど食べる?
あなた

うーん、ごめん!
明日食べるね!冷蔵庫入れといて🙏
私疲れちゃったから寝るね!

宮舘涼太
分かった、ゆっくり休んで
あなた

ありがとう笑
おやすみ

SnowMan-○○
おやすみ〜
佐久間大介
なんかあなた、無理して笑ってない?
阿部亮平
なんか悩んでるのかな?
向井康二
明日、みんなで聞こうや!
その方があなたも安心すると思うし!
目黒蓮
そうだな
〜あなたの部屋〜
もうどうしていいか分からなくて取り敢えず寝ようと思ったけど目を閉じるとSさんの顔が浮かんできて震えてしまう。

すると自然に涙が出てくる。


目黒side

あなたは人に頼らない。それは今まで頼れる人が居なくて1人で頑張ってきたからだと思う。

でも今は昔と違って9人の仲間が居るんだからもっと頼って欲しい。

俺はあなたがSnowManに入ってきた頃からずっと見てきたから分かる、無理して笑ってるのも何か悩んでるのも。

心配だから寝る前にあなたの部屋に行こう。
あなた

グスっ

コンコンッ!
目黒蓮
あなた?もう寝た?入っていい?
あなた

お、起きてるよ、どうぞ

カチャ
目黒蓮
手足赤くなっちゃってるから冷やした方がいいと思って...
目黒蓮
ってあなた?泣いてた?
あなた

...え?
泣いてないよ笑

目黒蓮
嘘だ、俺はずっとあなたのこと見てきたから分かる、無理して笑わないで?(頭ポンポン)
あなた

え...

あ、やべ!俺何言ってるんだ...

あなたが好きなことバレるじゃん!
目黒蓮
な、なんでもない!
あなたもう寝たいだろうから俺は部屋戻るね!
あなた

あ、蓮くん...待って

目黒蓮
うん?どうした?
あなた

あの...1人になるとやっぱり怖くなっちゃうの...だからもし嫌じゃなかったら一緒に寝て欲しいなって...

目黒蓮
分かった!そばに居るよ(ギュッ)
あなた

あ、ありがとう//

目黒蓮
うん、おやすみ
めめに抱きしめてもらうとすごく温かくて安心して私はすぐに眠ってしまった。
目黒蓮
あなた?もう寝たのか、可愛いな笑
(ほっぺにキス)
※私がめめの気持ちに気付くのは随分後のお話


お話読んで頂きありがとうございます!!

割とガチめにネタ切れです😅

リクエストあったらコメント送って下さい🙇‍♀️