無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21
あなたside

私はSnowManに入る時に決めていた。

メンバーに男装をしていたと本当のことを話した後には脱退して退所もしようと。

ジャニーズに女が居ることなんて有り得ないし、メンバーに女が居ることが分かったらファンからの批判が殺到するはずだから。

そしてなにより、邪魔になるのが怖いから。


とうとうこの時が来てしまったのか、もう少しだけでもSnowManとしてこのメンバーと一緒に活動したかった。この世界に居たかった。

でも無理なんだ。私の幸せはやっぱり長くは続かない運命なんだ。
宮舘涼太
あ、優!
お粥作ったんだった!
食べれる?
あなた

うん、ありがとう笑

これで舘様の料理を食べれるのも最後か...

もっといっぱい食べたかったな。
あなた

おいしい。
ごちそうさま。

宮舘涼太
良かった。早く元気になってね
目黒蓮
いつでも呼べよ。
隣の部屋にいるから、ゆっくり休んで早く治せよ。
あなた

うん、ありがとう。

やっぱり2人とも優しいな。

こうやって笑顔を見ることも話すことも出来なくなるのか、仕方ないよね。
メンバーは皆いつでも優しかったな...


ふっかにはたくさんなんでも相談乗ってもらったし、すごく頼りになった。でもこれだけは言えなかった。嘘ついてたって言ったらなんて言うんだろう。

ふっかをいじることもあのキレキレのツッコミを聞くことも出来なくなるのか、楽しかったな。寂しいな。


ひーくんと筋トレすることも甘いものを一緒に食べることも無くなるのか。せめてもう一度行きたかったな。


ひーくんが振り付けをしたダンス踊るの好きなんだよな。褒めてくれるし。もう踊ることも褒めてくれることもないのか。


さっくんはいつも明るくて元気で太陽みたいな人だったし、私も元気もらってたな

もっとアクロバット教えてもらいたかった。
さっくんと他担狩りコンビって呼ばれてたの実は誇らしかったし嬉しかった。


しょっぴーは最初は反対してたり厳しかったけどそれはSnowManを凄く大切に思ってるからで、しょっぴーに認めて貰えた時は凄く嬉しかった。

歌も凄く上手で勉強になったし、褒めてもらえた時は凄く幸せだった。しょっぴーみたいに歌上手くなるにはまだ早かったよ。


舘様の料理はシェフ並みに美味しかった!
あのお粥が最後か...もっと食べたかった。
しかも一緒にもっと色んな料理作りたかった。
あの時間は本当に楽しかった。

いつも1歩引いて見守ってくれて困ってるとすぐに助けてくれる舘様ありがとう。


あべちゃんは私のお世話係みたいになってたね。笑
あべちゃんが居なかったら何回か倒れてたかも...笑

いつも優しく手を差し伸べてくれてこんなお兄ちゃんが居たらなと何度も思った。
あべちゃんにもっと色んなこと教わりたかったな。


こーじは元気がないといつも笑わせてくれた。こーじと話すのは本当に楽しかったし面白かった!
もっといっぱい話したかった。

甘えん坊で抱きついてくるの実は嬉しかった。
もう抱きついてくることも無いんだね。


めめは一見おバカで頼りなさそうに見えるけど周りをしっかり見てていつでも助けてくれた。ありがとう。

甘えに行くと冷たいけど実は嬉しそうにしてたの知ってたよ?こーじやラウに嫉妬してたのも。笑
もうめめに守ってもらうことは出来ないんだね。


ラウは未成年なのに凄くしっかりしてた。私もラウみたいにしっかりしてればな。

パフォーマンスはカッコイイのに甘えてくると可愛いのギャップが凄かったね。甘えてくれるの嬉しかった。もう甘えてくることも無いんだね。


みんなとの思い出やみんなの事を振り返ると寂しさや悲しさ、後悔が押し寄せてくる。でももう仕方がないことなんだ。決めたから。運命だから。


風邪が治ったら言おう。



みんなさようなら。