無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

53
目黒蓮
絶対おかしいですよね?
向井康二
急に嫌いになったなんて有り得へんもん
宮舘涼太
嫌いになったのは嘘だと思う。料理は作るの大変で嫌いな人には作らない。それにメニュー、メンバーが好きな物ばっかりだよ?
ラウール
確かに...
佐久間大介
泣いてたっていうのもあるかもしれないけど声、震えてたよね?
深澤辰哉
なんか怯えてる感じだったよな
渡辺翔太
何かあったのかな
阿部亮平
まさか、父親に捕まったとか?
岩本照
取り敢えず会いに行こう
もしかしたら危ない目にあってるかもしれない
目黒蓮
確か、まだ前のGPS付けたままだったよな?
向井康二
そうやで!もしもの時のために
宮舘涼太
見てみよう
深澤辰哉
○○倉庫...?
普通こんな所有り得ないよな
渡辺翔太
やっぱり危ない目にあってるってことか...
阿部亮平
助けに行こう!!
SnowMan-○○
おう!!
あなたside

電話を切ってからも殴れたり蹴られたり暴力を受け続けている...

きっと身体中痣だらけで全身打撲しているだろう

でももうそんなことどうでもいいんだ。

過去のことから人を信じられなくなった。

でもSnowManに出会ってから仲間の良さ、温かさを知り、また人を信じることが出来たのに今度は自分から裏切ってしまうなんて...最低だ。

もう生きていても意味は無い。

助けてくれる人も居ないだろうしもうどうでもいいや。