無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

46
あなたside

今日は雑誌の撮影だ。

着替えて順番待ちだ。今はいわふかが撮っている。

久しぶりの雑誌撮影だから楽しみだな!

いわふか、あべさく、ゆり組、めめこじ、ゆきラウで撮るらしい。

ラウール
優くん、一緒だね!嬉しい!
あなた

俺も嬉しいよ笑

目黒蓮
俺も優と撮りたかったな〜
向井康二
なんでなん?!俺がいるからええやん〜!
目黒蓮
こーじもいいけど優の方が良かった
向井康二
酷ない?!
向井康二
あべちゃんなんか言ったって!
阿部亮平
まぁ確かに優と撮りたいよな〜
俺あんまりペアになった事ないし
向井康二
えぇ?!あべちゃんまで!
渡辺翔太
ぐはぁはぁ〜笑
スタッフ『次、ゆり組とあべさくでお願いします!』
マネージャー
マネージャー
みんなー、ファンレターいっぱい来てるよ!
待ち時間にでも見てね〜
あなた

ありがと!

ファンレターって嬉しいんだよな〜

元気出るし幸せもらえる!

ラウール
めめ!この子、めめラウ推しだって!
目黒蓮
嬉しいよな!
向井康二
こっちは、めめこじ推しやって!
目黒蓮
ファンレター本当に元気出るよな〜
深澤辰哉
この子、何気いじってきてるんだけど?!笑
岩本照
フハァ!本当だ!笑
みんなが楽しそうにしてる中、自分のファンレターの箱の中に気になる便箋を見つけた。

他のと違ってなんだか味気ない。

気になって開けてみた。

すると
あなた

...ッ!!

ポタポタ

机に数滴血が垂れる。

どうやら刃が付いていて指を切ってしまったようだ。

中を見てみると手紙と写真が入っていた。手紙には赤い字で高橋あなた、俺から逃げられると思うなと書かれていた。

嫌な予感がして写真を見てみると昔の私の写真がナイフで傷つけられていた。

私に暴力を振るっていた父親からだった。