無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
「よぉ征(せい)。テストの勉強したか?」

「テスト?あぁ、古文単語か。今日小テストだったな」

「お前やってねぇのかよ……」

「いつものことだろ。別にやらなくてもいける」

あぁくそ、ムカつく……!!

いくら記憶力があるとはいえ、多少は勉強しないと私は点を取れない。

でもこいつ……神谷征は、一切勉強なしで満点を取る。古典に限らず、英単語の小テストやリスニングも。定期テストだって毎回学年一位だ。

プラス、モデル並みの超イケメン……!

これで性格がいいなら許せるけど、告白された時の振り方が最悪みたいだし、絶対嫌な奴だ。

神様はなんでこんな奴に完璧な才能を与えたんだろう。

「……いつか絶対勝ってやる」

強く呟いて、私は単語帳に全神経を注いだ。