無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

君の癖
僕達は青空がよく見える学校の自慢の屋上にいた。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
私、実はね嘘つく時髪の毛触っちゃうらしいの
水無瀬湊
水無瀬湊
え、笑自覚してんの?笑笑
その癖を自覚しているのは、わざとらしいような…
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
友達によく言われるの笑
水無瀬湊
水無瀬湊
そっか笑
可愛らしい癖に胸が高鳴った。

そんな衝動をぐっと堪えるのに息を吸った。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
湊はさ、癖とかある?
水無瀬湊
水無瀬湊
ん〜…ないかも笑笑
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
何それずるい
むーっと頬を膨らませる彼女に不覚にも

可愛いと思った。

まぁ、好きな子は誰よりも可愛いだろうと僕は思う。

人それぞれだろう、価値観は。

だから、その辺は何も言えない。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
じゃ、じゃあ!す、好きな人
水無瀬湊
水無瀬湊
いるよ笑笑
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
そ、うなん、だ
ショックを受けた顔をする。

今すぐにも言いたかった…………。



僕は星奈が好きなんだ、と。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
私は、水瀬伊織センパイ。








…………傷ついたこの傷心に浸ってはいなかった。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
サワサワ…
彼女は頬を紅らめて髪を弄っていた。
水無瀬湊
水無瀬湊
嘘、付いてるだろ笑笑
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
え!?なんでわかったの、?
素直に言う彼女の扱い方は簡単だ。
水無瀬湊
水無瀬湊
やっぱりそれ、くせだと思う笑笑
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
………あ…笑
気付いた事実に恥ずかしくて笑っている

渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
そういえば、テスト近いよね〜…
水無瀬湊
水無瀬湊
そうだな笑
話、逸らしたな……笑
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
それでさ!勝負しない!?
水無瀬湊
水無瀬湊
……どんな?
彼女が言うにはテストの点数の勝負だった。

ルールは至ってシンプル。


1,5教科で3勝した人の勝ちとなる。(最初に
2,合計点で勝てばプラス2ポイント。
5教科で1勝した場合は、1ポイントとなる。

つまり、ギリッギリで作られているもの。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
勝った人は、その人の言うこと聞くってことで!!
水無瀬湊
水無瀬湊
分かった、やってやろうじゃないか笑










それから始まった僕達の勝負。

どっちが勝つのか?僕が勝ってみせるよ!
___________________________________________________
星奈
星奈
この勝負は、実話です()
本当です。笑
星奈
星奈
新作のランキング(オリジナル)1位ありがとうございます。温かい応援、励みになってます。
これからも頑張っていきますので、最後までお付き合い下さい!
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
それでは次の更新をお待ちください!
水無瀬湊
水無瀬湊
ばいば〜い
NEXT⟼♡10