無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

付き合ってください
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
買い物に
騙された、笑

もう1つの“付き合う”を期待してたのが

少し恥ずかしかった。
水無瀬湊
水無瀬湊
どこ行くの?
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
んーと、○○町の○○ってとこ!
そこ、有名なとこじゃん………

心の中の呟きを軽く抑えながら、いいよ、と一言。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
やったぁ〜!!
期待したら、ダメ?

…………彼女には、言えない。
水無瀬湊
水無瀬湊
君が僕を選んでくれませんか?
咄嗟に出た言葉に沈静は効かずに

彼女の耳に届いてしまった。
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
え、っ???
鈍感で良かった、そう思った(初めて)
水無瀬湊
水無瀬湊
(気づいて欲しいんですけど。)
渡良瀬星奈
渡良瀬星奈
(期待させないでよ、バカ…。)



それから、僕達は○○町の○○に行く予定を立てた

___________________________________________________
星奈
星奈
むずむずする、やばいね()
星奈
星奈
短い方が読む気になれるような気がしたので…
星奈
星奈
今度から少し短くします!!!
星奈
星奈
長い方がいい人あんまりいなそう