第29話

29
601
2022/05/20 12:29
そこに停まっていたのは、普通車。

でも、そこまで大きくはない。

「お願いします…」

運転手の方に挨拶をします。

帽子を被っていて、顔が見えない。

どこに行くんだろう?全く想像がつかない。

「あなたちゃん、そんなに緊張しなくて大丈夫なのに笑」

「で、でも柾哉くん…!」

だって、どこに行くか分からないのに。

「ど、どこに行くかだけ教えて貰えませんかっ!?」

「えー笑」

ナイショ。

としか、柾哉くんは言わないのです。

「あなたちゃんが喜んでくれる場所であることは、確かだね〜」

今日の柾哉くんは、今までで1番意地悪な気がします。

「だって、教えちゃったら、つまんないじゃーん?」


























































































































































「ねぇ、洸人?」