第34話

34
394
2022/08/05 08:00
 そんなことを話していたら、目的地に到着したらしい。

 車の窓から見えるのは、ショッピングモールだ。

「まず、あなたちゃんのお洋服を買うよ〜」

 よ、洋服!?欲しかったけどこの二人と買い物は心臓がもたない!

 なんて、考えていると。

「あなたちゃんは、どんなお洋服が好きなのー?」

 話しかけられてしまいました。

 西く…いや、西さんお顔が近いです。

「洸人、顔近すぎ〜あなたちゃんびっくりしちゃうからぁ」

 いや、柾哉くんもなかなかにお顔が近いです。

「えっと…」

 洋服には無頓着だったから、好きなブランドもなければ、どのような系統の服が好きとかわからない…。

「洋服には無頓着だったので、よくわかっていなくて…」

「じゃあ、2階にあるこのお店に行ってみない?今着てる感じのお洋服がたくさんあるよ」

「よし、じゃあそうしよ!あなたちゃん、それで大丈夫?」

 今着てる感じのお洋服がたくさん売ってる…。

「はい、大丈夫です!」