無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

転校からの出会い
作者
作者
()が気持ちです!!!!
『』がYouTubeからの音、
""がバンッとかドンッとかそういうのです
(語彙力)
作者
作者
それでは!失礼しました( ˊᵕˋ ;)
✂――――――キリトリ――――――✂
あなた

はぁ……

あなた

ここが新しい高校か。
(なんで高2で転校なわけ!?もう……)

あなた

ここは広いんだなぁ~
自販機多いし、別校舎まであるし…
別校舎遠いなぁ…あそこら辺じゃないといいんだけど…

クラスを教えてもらう
あなた

うわぁぁぁ!!!!
なんで遠いの!?運悪っ!ついてないっ!
いつもだけど!

あなた

(朝からテンション下がるなぁ……
まあ、頑張ろ……)

        クラスへ向かう
あなた

ま、待って……
届かない……

あなた

(クラスに向かうも何も下駄箱が高いっ!)

あなた

うぅぅぅっ!後、少しなのにぃー

あなた

(なんで私は身長が低い方なの!?150しかないからかぁっ!届かないぃぃぃ!)

あなた

い……1番上って……
はぁ…届かない。

あなた

もう諦めよ。
先生になんとかしてもら……

???
???
大丈夫?
あなた

(え?)

???
???
届かないの?いいよ、置くよ。どこ?
        あなたは下駄箱に顔を向けたまま答える
あなた

あっあそこです…
(顔見れないけど優しい人だなぁ//)

あなた

てか近いっ!\(//Д//)/

???
???
わっ!びっくりしたわ笑
おけたよ。じゃね
あなた

!!!( ゚д゚)ハッ!!!!
あ、ごめんなさい!ありがとうございます!

あなた

(いい人だったなぁ…結局顔見れなかった。)

      あなたは教室に着くまでにやにやしながら歩いていた
✄-------------------‐✄
作者
作者
はぁ……ニヤニヤかぁ( ˆωˆ )ニヤニヤ
あなた

作者も( ˆωˆ )ニヤニヤってしてるじゃん!

作者
作者
えっへへー‪w
ごめんごめん‪w
今回の最後は2人で終わりましょっ!
せーーーーーーのっ
あなた

アデュー!

作者
作者
アデュー!