無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

▼すぷらのざつだん に
あなた

はい、
まあ今日(だけ)は時間あるのでね。

rumi
始まり方が暗いです。
yomi
さあもっと元気にー?
あなた

はーいっ

あなた

って違うなにやらせてんだばか

あなた

今回は前々から言ってたアタマ編のお話だよ☆でもな、残念ながらなに話せば良いのかわかんない!!!

rumi
ん~。
取り合えず読者様がよくつけてるのとかコメント欄にお願いして書いてもらえば、?
yomi
うんうん。
あなた

は、そーしよ!

あなた

てことでお願いしますっ

yomi
あとは,,,ネタが尽きた時用にさ、好きなブランドとか好きなステージとか聞いてみるのとかどう?
あなた

めっちゃいいじゃんそれ

あなた

え?今日やけに優しくない?オレなんかしたっけ???

rumi
いや、なんかいつも冷たいとワンパターンで面白くないからさ。
yomi
あとね、gumiが可哀想って言ってたよ。rumiが。
あなた

え?そんなこと思っててくれてたの、?

rumi
~~っ
yomi
あ、やべ
言っちゃいけないって言われてたんd
ああああ”あ”あ”あ”あ”
し ば ら く お ま ち く だ さ い
yomi
ううぅ 痛い泣
rumi
お前が悪い(照)
あなた

お、おおお

あなた

,,,てことで第ニ回はアタマ編です!皆のつけてるヤツコメントで教えてね!!!

rumi
それでは、!
yomi
閲覧有難う御座いました☆