無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
86
2018/03/21

第7話

私は…7話
~片付けが終わった~
シルク
疲れた〜
澪~レイ~
みんなごめん…
マサイ
なんであなたが謝るんだよ
モトキ
そうだよ。あなた悪くないのに
ンダホ
なんか辛いことあったら言ってね
澪~レイ~
みんな、ありがとう😊
シルク
))待って、笑顔可愛い過ぎる
それは反則(照)
菜乃葉~なのは~
あっ!
あなたちゃーん!おはよぉ!
今日の放課後、屋上に来てくれる〜?
澪~レイ~
うん…
分かった!
澪~レイ~
))明るく振る舞わなきゃ…
心配かけたくないもん
菜乃葉~なのは~
じゃあ待ってるからね〜
菜乃葉~なのは~
))(๑´ლ`๑)フフ♡さぁたっぷりいたぶってあげるわ
あなたチャン
シルク、マサイ、モトキ、ンダホのLINE
シルク
なぁ
マサイ
ん?
モトキ
なに?
ンダホ
どした?
シルク
朝さ松藤に放課後呼ばれてたじゃん?
零~zero~
零~zero~
松藤は菜乃葉~なのは~の苗字です!
モトキ
そうだね
マサイ
知らないけどなんか言ってたな
ンダホ
言ってたの!?
シルク
なんかおかしいから
シルク
付いて行ってみない?
モトキ
俺は賛成
マサイ
俺もいいぜ
ンダホ
俺も賛成
シルク
じゃあ放課後な
シルク以外
了解!!(๑•̀ω•́ฅ)
LINE終了
~放課後~
澪~レイ~
))あっ!菜乃葉~なのは~ちゃんのところ行かなきゃ
澪~レイ~
))確か屋上だよね?
ガチャ
菜乃葉~なのは~
来てくれたんだ〜
菜乃葉~なのは~
まぁ、いいわやっちゃって
澪~レイ~
え?
ドコッ  バキッ  ガンッ
鈍い音と共に私は意識を手放した
(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
零~zero~
零~zero~
どうも皆さんこんにちは!
零~zero~です!
シルク
さーてそれじゃあなんでこんなに投稿が遅くなったのか聞かせて貰おうか?
零~zero~
零~zero~
えっと(´^ω^`;)
マサイ
もう大会から数週間たってるんだけど?
モトキ
へぇ〜それはいけないね。
ドSモード
零~zero~
零~zero~
今度説明します!
それでは
みんな
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー