無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

74
2018/02/18

第5話

私は…5話
-澪~レイ~は自分の部屋に行きベットに倒れ込んだ-
澪~レイ~
(´Д`)ハァ…つかれた
でもシルク達と帰れて楽しかった
おばさん
澪~レイ~ちゃん〜
ちょっとお買い物行ってくるからお留守番よろしくね!
澪~レイ~
は、はい!
行ってらっしゃい
-数分後-
ピーンポーン
澪~レイ~

誰だろう?
ガチャ
澪~レイ~
はーい
シルク
(-_-)/ ょっ
澪~レイ~
シ、シルク!
澪~レイ~
ど、どうしたの?
シルク
いや暇だったから
澪~レイ~
とりあえず上がって!
シルク
お、おう
シルク
(俺なんで澪~レイ~の事こんなに意識してるんだろう?)
澪~レイ~
座ってて
澪~レイ~
お茶持ってくる
シルク
お、おう
-澪~レイ~がお茶をもってきた-
シルク
ありがと
澪~レイ~
ううん
シルク
なぁ、連絡先交換しね?
澪~レイ~
うん!
いいよ
シルク
よしっ!
♪(о ̄▽ ̄)/サンキュ-
澪~レイ~
ヾノ≧∀≦)イエイエ!
シルク
Σ(゚□゚)あっ
マサイ達にもあげていいか?
澪~レイ~
うん!
全然いいよ
シルク
♪(о ̄▽ ̄)/サンキュ-
おばさん
ただいま
澪~レイ~
おかえりなさい
おばさん
この子は?
シルク
あっ、俺はクラスメイトのシルクって言います
よろしくお願いします!
おばさん
そう
~澪レイ~と仲良くれてありがとう
これからもよろしくね!
シルク
はい
シルク
じゃあそろそろ帰るわ
澪~レイ~
うん…
また明日ね
次回に続く
零~zero~
零~zero~
こんにちは零~zero~です!
中主
はい!中主です!
マサイ
今日出番がなかったマサイです
中主
ごめん
出そうかなって思ったけど切りが良かったから(๑>؂•̀๑)テヘペロ
零~zero~
零~zero~
(´・д・`)ウワァ...
マサイ
(´・д・`)ウワァ...
中主
(#`・ω・´)ナンダヨ!!!!
こっちは忙しいんだよ!!
零~zero~
零~zero~
今日部活なかったよね?(威圧)
マサイ
で、バスケの練習していたのはどこのどなた?(威圧)
中主
はい…
ごめんなさい><
私です
零~zero~
零~zero~
手抜きするならバスケよ練習なんざするなや
マサイ
そーだそーだ( ˘•ω•˘ )
中主
だってもうすぐ大会だし勝ちたいし、いまの自分じゃまだ、無力に等しいんだもん(´;ω;`)
零~zero~
零~zero~
じゃあ手抜きするなよ
中主
はい…
が、頑張りマース
零~zero~
零~zero~
じゃあマサイ締めて
マサイ
了解!!(๑•̀ω•́ฅ)
それでは
みんな
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー