無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第9話

その日の夜(さとみ視点)
さとみ視点(初めてだ!)
作者(萌香)
作者(萌香)
(あなたちゃんがお風呂に入ってる時の話です)
皆で「魔女○○」と言うゲームをやっていた。
ジェルは場面の真似をして。
ころんは面白がりながらプレイして。
るぅとはころんのサポートをして。
なー君は見ながらジェルのツッコミ?をして。
莉犬は怖がっていた。

あなたちゃんが戻って来た時、つらそうにその場に座って苦しがりながら倒れていた。

皆、あなたちゃんが倒れるまで気づかなかった。
どうして気づかなかったんだろう。

なー君が、ソファに運ぼ!と言ってきたけどるぅとが部屋の方がいいんじゃないですか?と言ってきたので部屋まで運ぶことにした。
あなたちゃんの部屋のドアを開けて入ると部屋中莉犬のグッズばっかりだった。

もちろん皆唖然( ゚д゚ )(←こんな感じに)
ジェル
ジェル
莉犬?どういうつもりや?
るぅと
るぅと
もしも知ってたなら、許しませんよ‥‥‥?
莉犬
莉犬
あなたちゃんが俺のグッズ集めてたなんて知らないよ💦
ななもり
ななもり
確かに‥‥‥あなたちゃんが莉犬君のファンだったなら驚くよね?

それに、莉犬君のファンなら俺達の事知らない訳じゃないと思うし。
さとみ
さとみ
確かに‥‥‥。
るぅと
るぅと
そうですね。
ころん
ころん
あぁーーーー!
ジェル
ジェル
ころんどうしたん?
莉犬
莉犬
ころちゃんうるさいwww
ころん
ころん
これっ!
昔のあなたちゃんと〜立花ちゃんじゃない?
机の上の写真だなにはあなたちゃんと立花ちゃんの写真がたくさん置いてあった。

こんな小さい時から仲良しだったんだな〜。
ジェル
ジェル
あれ?この写真とかこれも、全て病院内じゃない?それに、知らん子もおるで?
るぅと
るぅと
これ、莉犬に似てますね‥‥。
ころん
ころん
もしかして、莉犬!
あなたちゃんと幼馴染か!
莉犬
莉犬
‥‥‥‥‥。
あれ?莉犬無言だ。
ななもり
ななもり
まあまあ、ここあなたちゃんの部屋だし明日の朝あなたちゃん本人に聞いてみよ?
すとぷり
すとぷり
はーい(なー君以外)
何かあったのかな‥‥‥。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

もかねこちゃん
もかねこちゃん
語彙力無いかもですががんばります!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る