無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話
〈次の日〉
太宰治
太宰治
(昨日の夢の事聞いてみようかな)ねぇあなた、昨日夢見てる時うなされていたようだけどどんな夢を見ていたんだ?
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
あ……
太宰治
太宰治
無理に言うことは無いよ
言いたくなったら言ってくれ私は何時でもあなたの味方さ
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
(いつか話さなきゃいけないから話そう!)
うん。ありがとう
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
じゃあ話すね…
私のお母さんはお父さんに殺された…
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
お父さんは故意的に殺した訳じゃないんだけど、敵の異能でカラダを操られて異能でお母さんを殺してしまったの……
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
その後私の事も殺そうとした。そしたらお父さんは自分を殺せと言ってきたの…躊躇う私に笑顔を向けて「俺はお前に殺されてもお前の事が大好きだから」って…
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
だから私はそれがお父さんの願いなんだと思って、夜叉で実の父親を殺した…
その後私はずっと泣いていた多分一日中
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
その後からはその敵組織に日々追いかけられていた…だから私はその敵組織を一人一人殺していった
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
だから私の手は血で汚れている……
月影○○(幼少期)
月影○○(幼少期)
多分昨日の夢はその敵組織に追われている夢だった気がする
太宰治
太宰治
そうなのか…辛い過去を話してくれてありがとう
森鴎外
森鴎外
話はひと通り聞かせてもらったよ
太宰治
太宰治
森さん(やっぱりいたのか)
エリス
エリス
大丈夫よあなた
もうあなたは私の友達なんだから気にしないの!いくら貴女の手が血で汚れていても私達マフィアは追い出したりしないわよ!ね、リンタロウ?
森鴎外
森鴎外
勿論だよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
香月☪
香月☪
はい!ここまでー
中原中也
中原中也
おい、俺がでてねぇじゃねーか
香月☪
香月☪
でもいつも最後の挨拶のところで出てるジャーン←
中原中也
中原中也
あぁ?そーゆーこと言ってんじゃねぇーよ
本編に出てねぇーって言ってんだよ
香月☪
香月☪
すいません すいません本当に次の次くらいに出すので許してください
中原中也
中原中也
わーったよ
香月☪
香月☪
ありがと!
それではまた次回!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

香月☪
香月☪
よろしくお願いしますm(*_ _)m まだまだ初心者なので色々ダメだと思いますが読んでいただけるとめちゃくちゃ喜びます☺️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る