無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第109話

107話
嵐side
おはようございます。
嵐です。
今日はあなたが病院で働いてるところを見学していきたいと思います。
櫻井「いや〜楽しみだね」
相葉「本当それ一度でいいから見てみたかったんだよね」
二宮「僕も普段あなたの様子見てるけど病院での様子は見てないから」
松本「あなたのことだから人気がある気がする」
大野「それはそれでいいことだよ」
相葉「はいてことで今からあなたの病院にってきます。」












JUMP side
山田「はいこの日がやってきました。」
有岡「この日って?」
伊野「いや忘れたの?昨日言われたよね?」
有岡「覚えてない…」
岡本「さすが5歳児笑」
有岡「5歳児じゃないわ」
知念「はい今日は嵐のみんなとあなたの病院の見学に行ってきます。」
中島「はい本人には何も伝えてません笑」
薮「どんな反応するんだろう〜」
髙木「それでは行きましょうlets Go!」