無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2話
今日はキンプリと撮影日どこでやるの?
そう海です。しかもそこの海からは私のお姉ちゃんの病院が一番近いんです。ヘリで10分、車で20分なんです。
緋山(なまえ)
緋山あなた
わーい海
岩橋玄樹
岩橋玄樹
ほらはしゃがないの
永瀬廉
永瀬廉
本当あなた海好きだよな
高橋海人
高橋海人
まぁ可愛いんだよねあなた
そうキンプリのみんなにはお願いしてるんです。タメで話してって海人、紫耀、とは幼なじみ、玄樹とは中高が一緒だったのでとても仲がいいんです。まぁ入所したのは私が最初だよ
スタッフ)じゃあ男子は洋服脱げばした水着なので着替えは必要ないですね。あなたちゃんは着替えてこようか愛美お願いね
藤田莉緒
藤田莉緒
わかりました
そして更衣室
緋山(なまえ)
緋山あなた
えっこれ着るの?恥ずい
藤田莉緒
藤田莉緒
まぁーいいでしょ
5分後
緋山(なまえ)
緋山あなた
着替えたよ
藤田莉緒
藤田莉緒
おっやっぱり似合ってる
緋山(なまえ)
緋山あなた
恥ずかしい
藤田莉緒
藤田莉緒
まぁとりま戻るよ
緋山(なまえ)
緋山あなた
はぁーい
そしてみんなのところへ戻ると
SnowMan
SnowMan
(あなたを見つめる)
キンプリ
キンプリ
(あなたを見つめる)
緋山(なまえ)
緋山あなた
えっ何ちょっ恥ずかしい
キンプリ
キンプリ
めっちゃ似合ってる
SnowMan
SnowMan
可愛い
緋山(なまえ)
緋山あなた
ありがとう
すみませんスタッフさんパーカーください
撮影まで来てたいんですが日焼けしたくないので
スタッフ)どうぞ!
緋山(なまえ)
緋山あなた
ありがとうございます
岩橋玄樹
岩橋玄樹
僕もいいですか?
スタッフ)はいどうぞ
岩橋玄樹
岩橋玄樹
ありがとうございます
撮影まで1時間あるその時間は自由時間だった。周りには一般客もいるけどね
緋山(なまえ)
緋山あなた
ねぇー玄樹こっち向いて
岩橋玄樹
岩橋玄樹
なーに
緋山(なまえ)
緋山あなた
(水をかける)
岩橋玄樹
岩橋玄樹
も〜やったな(水をかける)
緋山(なまえ)
緋山あなた
キャッもー
海人、廉、紫耀こっち向いて
そして3人が振り向いた瞬間に海水掛け合いっこした。あっという間に1時間過ぎて撮影の時間になった。最初はSnowMan、キンプリに分かれての撮影だった。
写真を撮り12:00一旦昼休憩になりあなたのところに廉、海人、玄樹が来た
永瀬廉
永瀬廉
あなたご飯食べよ
緋山(なまえ)
緋山あなた
うん!いいy…
そう言いかけた瞬間









キャーー誰か助けて!
その声に
キンプリ、SnowMan、カメラマン、マネージャー、スタッフまでがその声が聞こえた方を向くその目線には…