無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

53話
その時だった。




















誰かが私の手首を掴んで私を助けてくれた。
























誰だろうそう思い恐る恐る目を開けると
























緋山(なまえ)
緋山あなた
えっ?莉緒
藤田莉緒
藤田莉緒
あなた良かった。
怪我してない?
緋山(なまえ)
緋山あなた
莉緒ヒック……(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)
藤田莉緒
藤田莉緒
ほら大丈夫たがら
飲み物買いに来たんでしょ?一緒に行くから
緋山(なまえ)
緋山あなた
ありがとう。
そして飲み物も買い終わりレッスン室へ
緋山(なまえ)
緋山あなた
たっだいま〜
NEWS
NEWS
おかえり〜
メメ、ラウール、康二、ふっか
メメ、ラウール、康二、ふっか
おかえり
緋山(なまえ)
緋山あなた
よし!練習しよう!
その後も練習をしていたが愛美ちゃん達は



























レッスンをサボって原宿に遊びに行ったとさ






















それはもうシゲちゃん達は大激怒
私達は夢中になって練習をしていたので帰ったのは21:00
緋山(なまえ)
緋山あなた
ただいま〜
キンプリ
キンプリ
おかえり
嵐
遅かったね
緋山(なまえ)
緋山あなた
まぁたくさん練習してたからね
今日は疲れたからもう寝るね。
明日試験があるから帰ってくるの遅いかも
じゃあおやすみ
JUMP
JUMP
おやすみ
そういいあなたは自分の部屋で勉強を始めた。



























そう寝ずに勉強していた。


















そして本番を迎えたこの日















全力を尽くしテストに励んだ


















テストが終わったけどまだ帰れない





















急遽この後仕事が入った



















でも仕事の後愛美ちゃん達に呼び出されてる



















仕事行かないと














そう思い仕事に向かった