無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

12
北人くんは私にギュッてしてくれた
高花〇〇
あ、あの、、
吉野北人
吉野北人
吉野北人
吉野北人
あ、ごめん……
高花〇〇
いえ……
高花〇〇
ありがとうございます……
少し沈黙な時間が続いて……
吉野北人
吉野北人
あ、えっと……
高花〇〇
……?
吉野北人
吉野北人
俺、行きますね?
高花〇〇
あ、はい!
高花〇〇
ありがとうございました!
そー言ってペコってお辞儀すると
吉野北人
吉野北人
うん、またね!
高花〇〇
はい
そー言って少し走ったところで急に止まって
後ろをふりかえって北人くんはこー言った
吉野北人
吉野北人
あ、これからもよろしくね!
吉野北人
吉野北人
あなたちゃん
高花〇〇
あ、えっと……
高花〇〇
はい!
高花〇〇
(この学校顔面偏差値高すぎだよー💦)
人を好きになるのは顔だけじゃなくて中身もかっこいい人だなー
















そー思った……