無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

帰る途中……
高花〇〇
早く帰えりたいんだー♪
岸本ゆら
なんで?
高花〇〇
3代目JSBのグッズ買いたいんだよねー
高花〇〇
今日の18時に買えるようになるから臣くんのメンプロゲットするんだ〜♪
岸本ゆら
そーなんだー
岸本ゆら
いいなー
岸本ゆら
GENEはもーちょっと先だしまだ買えないからなー
高花〇〇
それまでお金貯めなきゃだね!
岸本ゆら
そー!
岸本ゆら
だから今月バイトめっちゃ入れてもらったのー
岸本ゆら
大変だけど推しのために頑張るんだからー✊
高花〇〇
そーだね!
そーやっていつものように2人で話しながら帰ってたら
ドンッッ
誰かとぶつかっちゃったー
岸本ゆら
あなた!大丈夫!?
高花〇〇
大丈夫ー
高花〇〇
あのー
高花〇〇
ぶつかっちゃってごめんなさい
前ちゃんと見てなくて……
そー言いながら前を見ると
そこには川村壱馬くんがたってた
高花〇〇
ええ!!
岸本ゆら
え……
高花〇〇
ご、ごっごめんなさい!!!!
岸本ゆら
すみません!!!!
岸本ゆら
ふ、ふ、ふ、服汚れてませんか?
高花〇〇
ほんとすみません!!
川村壱馬
川村壱馬
大丈夫だよ!
川村壱馬
川村壱馬
ごめんね、前見てなくて
川村壱馬
川村壱馬
痛くなかった?
怪我してない?
どこも汚れてない?
高花〇〇
(や、や、優しい!!!!)
岸本ゆら
(優しすぎでしょー!!!!)
高花〇〇
大丈夫!です!
川村壱馬
川村壱馬
良かった!
高花〇〇
はい!
川村壱馬
川村壱馬
新入生?
高花〇〇
はい!
川村壱馬
川村壱馬
入学式当日からこかすとかほんとごめんねー
高花〇〇
いえ〜、私もちゃんと前見てないのが悪いんで!
高花〇〇
気にしないでください
川村壱馬
川村壱馬
女の子をこかせて気にしない男なんていないよ
高花〇〇
私、不死身なんで笑笑
川村壱馬
川村壱馬
笑笑
川村壱馬
川村壱馬
君、面白いね笑
川村壱馬
川村壱馬
名前、なんってゆーの?
高花〇〇
えと……
高花〇〇
た、高花あなたですっ!
川村壱馬
川村壱馬
じゃーあなたちゃんって呼ぶね
川村壱馬
川村壱馬
これからよろしく!
川村壱馬
川村壱馬
あなたちゃん!
高花〇〇
は、はい!!
高花〇〇
(やっやばい!今私、死んでもいいくらい幸せだ……)
高花〇〇
(さっきまで特になんとも思ってなかった人とこんなに近くで話して名前まで呼んでもらえて、こんなに幸せに思えることある?)
高花〇〇
私、きっと今……
高花〇〇
川村壱馬くんに恋した……