無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

???
あれ?
???
あなたちゃんじゃん!
名前を呼ばれて振り向くと
吉野北人
吉野北人
そこで何してるのー?
北人くんだった
高花〇〇
え……
高花〇〇
壱馬くんに呼ばれて……
吉野北人
吉野北人
そーなんだー
吉野北人
吉野北人
じゃー早く入りなよー
高花〇〇
え、
高花〇〇
あ、はい
コンコンコン
ガラガラガラ……
高花〇〇
失礼します……














中に入ると……
川村壱馬
川村壱馬
やっと来たの?
川村壱馬
川村壱馬
遅かったじゃん
高花〇〇
すみません……
高花〇〇
あのー話ってなんですか?
川村壱馬
川村壱馬
えっとねー……
そー言いながらゆっくり私の方に近ずいてくる壱馬くん
高花〇〇
あの……
私は後ずさりしたけど、すぐ後ろは壁でもーどこにも行けなくなった
川村壱馬
川村壱馬
なんで逃げるの?
川村壱馬
川村壱馬
俺が怖い?ニヤ
高花〇〇
え……
高花〇〇
壱馬く……!
バタン!!!!
高花〇〇
きゃぁぁ!
私は今壁ドン状態
普通なら嬉しいはずなのに……壱馬くんがいつもと違って怖い
川村壱馬
川村壱馬
びっくりしてる顔可愛いねーニヤ
高花〇〇
壱馬くん……?
川村壱馬
川村壱馬
ん?ニヤ
高花〇〇
どーゆーつもりですか?
川村壱馬
川村壱馬
笑笑
川村壱馬
川村壱馬
こーゆーつもり
そー言いながら太ももを下から上に
ツーっと触ってくる
高花〇〇
……ツ!
川村壱馬
川村壱馬
初めて見た時から可愛いって思ってたんだよねー
川村壱馬
川村壱馬
俺の周りできゃーきゃー言ってる奴と違って ちゃんとしてるのかなー?とか思ったけど純粋そうでバカっぽいし面白いなーって笑笑
高花〇〇
何言ってるんですかッッ!
するとまた、ツーっと触ってくる
高花〇〇
ンッ……
川村壱馬
川村壱馬
あれー?笑笑
川村壱馬
川村壱馬
感じてる?笑笑
高花〇〇
感じて……ないッ!
高花〇〇
離してっっ!
川村壱馬
川村壱馬
とか言って何も抵抗してないけど?
高花〇〇
それは……
川村壱馬
川村壱馬
それは……?
高花〇〇
こんなことするために私を呼んだんですか?
高花〇〇
遊び道具にするため?
川村壱馬
川村壱馬
……
高花〇〇
私……
高花〇〇
帰ります……
川村壱馬
川村壱馬
帰させないよ?

























作者です!
なんか18禁みたいになりそーな展開になりました……。
次に18禁ちょっとだけあるので無理な方は飛ばしてください!